ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場監理の達人 現場監理に役立つチェック項目を、工程ごとにご紹介

住宅編
第1回 敷地の確認

2013/01/21

宅建設における監理行程を全22回にわたり紹介する「現場監理の達人」。現場監理に役立つチェック項⽬を進行状況に合わせて工程別に分類します。高品質な住宅を完成させるために、最低限必要なチェック事項を具体的・実践的なポイントを写真を使い、実例を掲載します。他では掲載されていない内容、徹底すべき内容や秘訣も公開します。ご期待ください。工程別のチェックリストはPDF形式でダウンロードできるので業務に活用ください。

ここでの監理者の心構え

計者が確認すべき事項との重複も多いが、現場監理者も現地で再確認をしておかないと近隣や役所を巻き込んで、あとで大きなトラブルとなってしまうことがある。
設計図書と敷地状況の確認は、現場監理者の必修事項と考えることが必要である。

① 隣地及び道路境界

新しく分譲された土地では、ブロック塀がどちらかの所有者であることが多い。境界が明確になっているので、壊さないように注意。

② 道路境界杭 その1

よく調べてみると、境界の印が出てくるケース。
完全に埋もれてしまっている場合もある。

③ 道路境界杭その2

コンクリート杭だが、埋もれてわかりにくくなっているケース。

④ 道路境界杭 その1

金属鋲の道路境界が縁石に食い込んでいることがある。

⑤ 道路境界の確認

セットバックが必要な道路では、既にセットバック用に鋲を打っている場合があるので間違って壊さないように、事前確認する。

⑥ 道路幅員の確認

幅員4m以上の道路に2m以上の接道が必要。
セットバックが必要になることがある。

⑦ 旗竿敷地の引き込み道路

幅員と引込み長さの確認を行う。引込み長さにより、各自治体によって道路幅員を2m以上と設定しているので注意。搬入についても検討が必要。

⑧ 道路からの高低差確認

設計GLを確認し問題が無いかをチェックする。

⑨ 完成後の道路との関係

傾斜道路の場合、人や車のアプローチの高低差を事前に正しく計画を行って設計GLを決めなければならない。設計図書に問題がないかを事前確認しておくこと。

⑩ 隣地境界確認 その1

コンクリート杭で赤く塗装されたもの。

⑪ 隣地境界確認その2

金属鋲でブロックの上に設置されている。
ペンキだけの場合や、コンクリート杭、あれば良い方で何もない場合に隣地との認識の食い違いという場合は、珍しくない。

⑫ 隣地境界確認その3

ブロック塀が境界を兼ねていることも多いが、そのブロックのどちら側が境界なのかをハッキリさせる。内側、真ん中、外側、鋲や杭が隠されていることもある。

⑬ ブロック塀確認

1.2m以上(6段)を越えると、控え壁が必要になる。所有者が隣地の場合、勝手に補強工事ができない。

⑭ 塀や擁壁の確認

隣地の擁壁兼塀が倒れてきている。工事によっては、この倒れがひどくなったり、倒壊することもあるので事前の確認や注意が必要。

⑮ 擁壁確認

隣地の擁壁であっても、隣接していれば、その高さや検査済証の有無により、設計や工事に大きな影響がでることがある。

⑯ 外壁と隣地境界までの距離を確認

隣地境界から、新規建物までの距離を確認する。

⑰ 隣地との関係確認

設計図書と現地を見比べ、隣地の開口部や状況を確認し、大きな問題が生じないかをチェックする。

※掲載されている写真の無断転載、複製及び頒布は禁止します。

「敷地の確認」ができる
チェック項目リストをダウンロード

ConComでは「現場監理の達人」清水煬二一級建築士監修のもと、現場監理状況と工程を確認できるチェック項目リストをPDFデータでダウンロード提供しています。

見落としがちな具体的、実践的なポイントを項目別に確認でき、チェックできるこのリストを、建設現場における工事監理の省力化と質向上にお役立てください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®がインストールされている必要があります。インストールされていない場合は左のアイコンからダウンロードが可能です。

取材協力

関連記事

2017/06/29

集合住宅編 第31回
給排水衛生設備工事、
空調換気設備工事-1

設備工事は大きく電気設備工事...

2017/05/30

集合住宅編 第30回
電気設備工事-3

電気設備工事では受電は最も重要な目標になっています。建物に電気が送られることで...

2017/05/30

集合住宅編 第30回
電気設備工事-3

電気設備工事では受電は最も重要な目標になっています。建物に電気が送られることで...