ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場監理の達人 現場監理に役立つチェック項目を、工程ごとにご紹介

住宅編
第15回 設備配線・配管

2014/03/26

宅建設における監理行程を全22回にわたり紹介する「現場監理の達人」。現場監理に役立つチェック項目を進行状況に合わせて工程別に分類します。高品質な住宅を完成させるために、最低限必要なチェック事項を具体的・実践的なポイントを写真を使い、実例を掲載します。他では掲載されていない内容、徹底すべき内容や秘訣も公開します。ご期待ください。工程別のチェックリストはPDF形式でダウンロードできるので業務に活用ください。

ここでの監理者の心構え

備の配線や配管は現場チェックのタイミングとしては、工事のタイミングも工事範囲も広範囲にまたがる。木工事完了の前に行うべきものが多いが、仕上げ前のタイミングなら、何とか最低限の手直しで済むことが多い。
手直しや、変更せざるを得ない状況も生じることがある。その場合でも、構造材や防水を痛めないよう、指示して確認することが必要になる。

電気工事

配線の不足、照明、コンセント、スイッチはもちろん、器具によって必要な電気配線、給湯器のリモコンなどの忘れがないか、その位置は指定通りかを確認する。近年、CD管の必要本数が増えてきている。梁貫通しなければ納まらない場合や、パイプスペースまで考えておくべき本数の場合もある。

①

電気メーターが他と干渉して不都合はないか

②

インターホンや門灯、庭園灯用の配線を通すためのCD管を忘れないように

③

2階へあがるCD管、剛床でも、できるだけ梁を欠かないように

④

外壁貫通の配線は、CD管を先行させ、それに配線する

⑤

CD管の防水処理を忘れないこと

⑥

コンセントやスイッチの位置、種類を確認(木工事中)

⑦

コンセントやスイッチの位置、種類を確認 (木工事後)

⑧

コンセントやスイッチの位置、種類を確認(木工事後)

⑨

多量のCD管が2階へあがるのも、珍しくない。構造体を痛めないようルートの指示や、パイプスペースの確保が必要

給排水工事

床下配管の場合は手直しや確認も可能だが、壁や天井裏の場合は点検口だけでは対応できない場合もある。漏水は、大きなトラブルを生むが、職人の単純ミスによる場合が多い。それらの最低限のチェックは、必ずしなければならない。質の向上のためのチェック、例えば、防露巻きなどは設計や仕様によって決まってくる。

⑩

監理者は配管の勾配を測定までしなくても良いが、目視で傾斜ミスなどがないかを確認する

⑪

床下点検口や収納の直下も、人が通れるかを確認する

⑫

人通口の配管や配線は、人が通ることを妨げない程度に行う

⑬

洗濯機の配管は、振動や急激な水圧の繰返しを長年受けてもガタつかないようにしっかり固定

⑭

給排水の位置が正しいか、スケールで確認する

⑮

給水管には保温材、排水管は防露巻きがなされている

⑯

ガスコンロの換気扇ダクトは、外側に不燃処理のカバーを取り付けること

⑰

梁の貫通は、できるだけ避けて配管する

⑱

集中給排ダクトは、配管が多いため切り回しを良く考えておく

⑲

集中給排ダクトの忘れがないか確認

⑳

エアコンスリーブや給排用スリーブは、位置を確認すること

㉑

ダクトスペースに正しく納まっているかを確認

※掲載されている写真の無断転載、複製及び頒布は禁止します。

「設備配線・配管の確認」ができる
チェック項目リストをダウンロード

ConComでは「現場監理の達人」清水煬二一級建築士監修のもと、現場監理状況と工程を確認できるチェック項目リストをPDFデータでダウンロード提供しています。

見落としがちな具体的、実践的なポイントを項目別に確認でき、チェックできるこのリストを、建設現場における工事監理の省力化と質向上にお役立てください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®がインストールされている必要があります。インストールされていない場合は左のアイコンからダウンロードが可能です。

取材協力

関連記事

2017/04/27

集合住宅編 第29回
電気設備工事-2

内装工事では最初にLGS(軽量鉄骨)で下地を作成します。電気設備工事は...

2017/03/31

集合住宅編 第28回
電気設備工事-1

建建築士が建物を設計し工事監理をしますが、建築技術の専門領域で建築士は...

2017/02/27

集合住宅編 第27回
ユニット及びその他の工事、排水工事、屋上緑化工事

ユニット工事は、製作工場等で製作された製品を現場で取付ける工事が...