ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場監理の達人 現場監理に役立つチェック項目を、工程ごとにご紹介

住宅編
第20回 メンテナンス

2014/08/28

宅建設における監理行程を全22回にわたり紹介する「現場監理の達人」。現場監理に役立つチェック項目を進行状況に合わせて工程別に分類します。高品質な住宅を完成させるために、最低限必要なチェック事項を具体的・実践的なポイントを写真を使い、実例を掲載します。他では掲載されていない内容、徹底すべき内容や秘訣も公開します。ご期待ください。工程別のチェックリストはPDF形式でダウンロードできるので業務に活用ください。

ここでの監理者の心構え

渡し後の定期点検の期間は工事業者によって様々である。
中には、3ヶ月、6ヶ月、1年、以降1年間ごとに10年後まで行い、10年後には、新たに外壁塗装や防水工事を行うことで構造体や雨漏りの保証期間を10年間延長するというパターンも珍しくなくなってきた。

このチェックリストをいつ使うのかということはほとんどが期間で分けることは難しく、引渡し後から10年の間にどの項目も不具合が生じるのは、よろしくないということになる。

定期点検やメンテナンスを現場監督や工事監理者が行なわず、専門の担当者が行う場合も多い。
さらに竣工検査に準じる項目も多く、すべての列記は不可能だが劣化することでどうなっていくのかを確認するために、最後のチェックリストを参考にして頂ければ幸いです。

メンテナンス

点検では、目視で確認できる部分はすべて目視して確認すること。また、動作できるものはすべて動作して確認すること。取り付けているものは、取り付けに問題がないかを確認する。

測定については、5年程度経ったら、床の傾斜をレーザーレベルか水平器を使って問題のないことを確認しておく。同様に壁の倒れについては、下げ振りを使用して問題のないことを確認しておく。

①

サイディングのシーリング材

②

サイディングの釘が浮いていて、コケが生えている

③

配管貫通部のシーリング材の劣化

④

枡の蓋が割れていることがあるので確認

⑤

シーリング材の確認

⑥

鉄部の錆確認

⑦

鉄部の錆確認

⑧

ウッドデッキの劣化確認

⑨

基礎にクラックがないか、水切に異常はないか確認

⑩

床下の断熱材が落ちていないか、白蟻の跡はないか、基礎にクラックがないか確認

⑪

室内壁のヒビを確認

⑫

室内クロスの隙を確認

⑬

水洗器具の作動とそこからの水の染み出しがないか確認

⑭

洗面台やキッチンの配管部分を確認して、各配管の漏水などの漏れがないか確認

⑮

浴室のシーリング材の劣化や剥がれを確認

⑯

浴室天井点検口より、配線や天井裏の確認

⑰

天井裏、断熱材、金物の確認

⑱

設備関係は、点検用に開閉できる箇所はすべて確認する

⑲

トップライトの雨漏れ跡がある場合、状況を聞いて調べる

⑳

屋根材やトップライトの確認

㉑

ルーフバルコニーの防水確認

㉒

外壁材の隙間を確認

㉓

板金の釘の浮きとシーリング材の劣化確認

㉔

屋根の野地板の傷み、破風板の隙を確認

㉕

木部、水切板金の劣化を確認

㉖

電気メーターの確認

㉗

外壁モルタルのクラック確認

㉘

チョーキング現象を手で確認するのは参考程度とし、目視で劣化状況を確認する

㉙

門塀、擁壁、花壇などの状況も確認する

㉚

室内壁クロスが下地よりヒビが行ってる状態を確認

㉛

土間のクラック確認

㉜

基礎にクラックがないかを確認

㉝

枡を開けて、内部に異常はないかを確認する

㉞

水道メーター内部の確認

㉟

枡の蓋についても、割れがないか確認

㊱

枡を開けて、内部に異常はないかを確認する

㊲

ルーフバルコニーの出入り口サッシの下端の防水状況を確認

㊳

ルーフバルコニーのFRPの状況と排水口の確認

㊴

天井点検口より、配管の状況確認

㊵

便器の給水管も水の染み出しがないか確認する

㊶

キッチン下部の排水管関係の確認、Sトラップが詰まりやすい

㊷

洗濯防水パンとの接続状況を確認

※掲載されている写真の無断転載、複製及び頒布は禁止します。

「メンテナンスの確認」ができる
チェック項目リストをダウンロード

ConComでは「現場監理の達人」清水煬二一級建築士監修のもと、現場監理状況と工程を確認できるチェック項目リストをPDFデータでダウンロード提供しています。

見落としがちな具体的、実践的なポイントを項目別に確認でき、チェックできるこのリストを、建設現場における工事監理の省力化と質向上にお役立てください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®がインストールされている必要があります。インストールされていない場合は左のアイコンからダウンロードが可能です。

取材協力

関連記事

2017/06/29

集合住宅編 第31回
給排水衛生設備工事、
空調換気設備工事-1

設備工事は大きく電気設備工事...

2017/05/30

集合住宅編 第30回
電気設備工事-3

電気設備工事では受電は最も重要な目標になっています。建物に電気が送られることで...

2017/05/30

集合住宅編 第30回
電気設備工事-3

電気設備工事では受電は最も重要な目標になっています。建物に電気が送られることで...