ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場監理の達人 現場監理に役立つチェック項目を、工程ごとにご紹介

集合住宅編
第14回 コンクリートブロック・ALCパネル・押出成形セメント板工事

2016/01/28

合住宅建設における工事監理者の業務を主体とした「現場監理の達人 集合住宅編」では、全37回にわたり工種ごとの工事監理のポイントについて、専門用語の解説や事例写真を使いわかり易く解説しています。工種別のチェックリストもPDF形式でダウンロードできますので、ぜひ業務に活用ください。

ここでの監理者の心構え

ンクリートブロック工事は、設備・電気工事を施工した後のパイプスペースの壁、地下の外壁側に築造する二重壁、外構の塀などに使われています。工事監理者は、設計図書のブロックの仕様、配筋仕様に従って、設計図書通りに施工されていることを確認します。

壁をブロックで築造するときには、ブロックと周囲の壁に隙間がないように、モルタルを充填することが重要です。パイプスペースなど防火区画になっている箇所は、充填が不十分であれば建物の安全性に問題が生じます。官庁検査、消防検査で防火区画の隙間は指摘事項になりますので、工事監理者の監理項目の1つになります。

ALCパネル・押出成形セメント板工事は、工場製作のパネルを使った工事で、鉄骨造と組み合わせて建物に使われることが多く、賃貸マンション、事務所ビル、個人住宅などに活用されています。工事監理者は、設計図書のALCパネル・押出成形セメント板工事の仕様及びメーカー仕様に従って監理します。

ALCパネル・押出成形セメント板は工場で製作しますので、突発的な現場加工がないように施工図の検討が重要です。工事監理者は施工図の段階で、パネル割り、他の工事との取り合いなどが、検討されていることを確認します。

1.コンクリートブロック工事

コンクリートブロック工事の監理フローの概要は、次のようになります。

コンクリートブロック工事の監理フロー
コンクリートブロック工事の監理フロー
① コンクリートブロック材料
①-1 ブロックの種類

ブロックはJIS製品であること、ブロックの仕様が設計図書通りであることを確認します。ブロックは強度の違いで、A種、B種、C種のブロックがあります。一般に塀や間仕切りにはC種が使われています。

ブロックの種類
種類 圧縮強度の区分記号 圧縮強度 全断面積に対する圧縮強度
A種 08 8N/mm2以上 4N/mm2以上
B種 12 12N/mm2以上 6N/mm2以上
C種 16 16N/mm2以上 8N/mm2以上

※仕様はJIS A 5406によります。

①-2 ブロックの形状

ブロックの形状には「基本形ブロック」、横筋を流すための「横筋用ブロック」、端部に使う「隅用ブロック」などがあります。

ブロックの搬入
ブロックの搬入
② コンクリートブロックの施工

コンクリートブロック工事は、設計図書の配筋仕様で配筋します。ブロックの割付図を作成し、躯体打設前に鉄筋の位置に差筋を入れておくか、躯体打設後にホールインアンカーを打って差筋とします。

パイプスペースのブロック工事
パイプスペースのブロック工事

ブロック工事は、モルタルやボードなどの仕上げがある場合は「塗り下仕上げ」、塀のようにブロックがそのまま表れる場合は「化粧仕上げ」と言います。化粧仕上げの場合は、ブロックの見栄えが重要になりますので、施工精度も高く、目地は目地コテで押さえて仕上げます。

外構の塀のブロック工事
外構の塀のブロック工事

水糸を張り、施工精度よくブロックを積みます。横筋、縦筋を配筋し、モルタルを充填します。

2.ALCパネル・押出成形セメント板工事

ALCパネル・押出成形セメント板工事の監理フローの概要は、次のようになります。

パネル工事の監理フロー
パネル工事の監理フロー
① ALCパネル
①-1 材料

ALCパネル(軽量気泡コンクリートパネル)は軽量で、断熱性、耐火性、遮音性に優れ、鉄骨造の外壁、間仕切り、床、屋根などに使われています。また、RC造でも乾式工法として、間仕切りなどに使われています。パネルの種類は、パネル短辺小口に表示があり、JIS表示、製造所名、パネル寸法などを確認します。

ALCパネルの特徴
項 目 特 徴
軽い 多孔質、軽量で水に浮かぶ。表面強度は低い。
耐熱性 熱伝導率はコンクリートの10分の1程度である。
耐火性 無機質で耐火性が高く、耐火構造部材として認定されている。
遮音性 多孔質なので音が伝わりにくい。
短工期 工場製作・加工し、現地組み立てなので短い工期で施工できる。工場製作期間の確認が必要である。
ALCパネル
ALCパネル
ALCの建物の例
ALCの建物の例
①-2 ALCパネルの施工

ALCパネルの施工状況が、設計図書に適合していることを確認します。外壁、床、屋根のパネルには表裏の方向があり、正しい方向に建て込みます。

ALCパネルの建込み
ALCパネルの建込み

ALCパネルの全面を固定するのではなく、ピンで一部を固定することで、地震などによる建物の動きに追従できるようになっています。このようなパネル取付け方法を、ロッキング工法といいます。

ロッキング工法
ロッキング工法

ロッキング工法は、建物の動きに追従させる工法です。

② 押出成形セメント板工事
②-1 材料

押出成形セメント板は、写真のように中空を有するパネルです。ALCパネルと比較し表面強度が強く非吸水性で、意匠的な「デザインパネル」や、あり足形状をもつ「タイル張付け用パネル」など、バリエーションもあります。

押出成形セメント板
押出成形セメント板

押出形成セメント板は、セメント、けい酸質原料及び繊維質原料を主原料として、中空を有する板状に押出成形し、オートクレーブ養生したパネルです。

②-2 押出成形セメント板の施工

押出成形セメント板の施工状況が設計図書に適合していることを確認します。

押出成形セメント板の建込み
押出成形セメント板の建込み

「コンクリートブロック・ALCパネル・押出成形セメント板工事の確認」ができるチェックリストをダウンロード

工事監理では、「工事と設計図書との照合及び確認」が求められていますが、具体的に何を確認するのかは明確ではありません。どのような確認項目があるのか、体系的に理解していただけるように、チェックリストをご提供します。

チェックリストは2つあります。1つは、工事監理ガイドラインの「確認項目及び確認方法の例示」です。もう1つは、公共建築工事標準仕様書(建築工事編)を参考に作成した「工事監理チェックリスト」です。しっかりとした確認をするために、これらのチェックリストをご活用ください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®がインストールされている必要があります。インストールされていない場合は左のアイコンからダウンロードが可能です。

原稿協力

関連記事

2017/09/28

集合住宅編 第34回
給排水衛生設備工事、空調換気設備工事-4

設備工事は大きく電気設備工事...

2017/08/30

集合住宅編 第33回
給排水衛生設備工事、空調換気設備工事-3

設備工事は大きく電気設備工事...

2017/07/31

集合住宅編 第32回
給排水衛生設備工事、空調換気設備工事-2

設備工事は大きく電気設備工事...