ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場監理の達人 現場監理に役立つチェック項目を、工程ごとにご紹介

集合住宅編
第15回 防水工事 

2016/02/25

合住宅建設における工事監理者の業務を主体とした「現場監理の達人 集合住宅編」では、全37回にわたり工種ごとの工事監理のポイントについて、専門用語の解説や事例写真を使いわかり易く解説しています。工種別のチェックリストもPDF形式でダウンロードできますので、ぜひ業務に活用ください。

ここでの監理者の心構え

成11年に品確法が制定され、住宅の主要構造部と雨漏れについては10年の瑕疵担保責任を負うことになりました。屋上防水工事は、一般に施工者は10年間の保証期間を設定しています。

建物は漏水によって、建物としての機能を著しく損ない、建物の価値を下げます。また、建物を使用する人たちに水による被害を及ぼします。補修する場合でも仕上材に覆われていて、その要因となる箇所がなかなか特定できず、多大な時間と労力を要する問題に発展することもあります。

工事監理者は漏水のない建物を造るために、防水工事の計画や納まり、防水下地の状態、防水施工の適否を確認します。設計図書では詳細な納まりが決まっていないことがあり、工事監理者は施工図で納まりを確認します。防水工事では防水下地の状態が、漏水のない建物を造るために重要な監理ポイントになります。防水工事の隠れて見えなくなる部分がいい加減に施工されないように、現場で確認したり施工者から写真や記録を提出させたりして、しっかりと工事監理をしなければなりません。

住宅の品質確保の促進等に関する法律
第94条(住宅の新築工事の請負人の瑕疵担保責任の特例)

 住宅を新築する建設工事の請負契約においては、請負人は、注文者に引き渡した時から10年間、住宅のうち構造耐力上主要な部分又は雨水の浸入を防止する部分として政令で定めるものの瑕疵(構造耐力又は雨水の浸入に影響のないものを除く)について、民法第634条に規定する瑕疵担保責任を負う。
 前項の規定に反する特約で注文者に不利なものは、無効とする。

防水工事は、メンブレン防水工事とシーリング工事に大きく分けられます。メンブレン防水は、不透水被膜を形成することで防水するもので、公共建築工事標準仕様書ではアスファルト防水、改質アスファルトシート防水、合成高分子系ルーフィングシート防水及び塗膜防水を扱っています。シーリング工事は、不定形弾性シーリング材を用いて、部材の接合部等を充填するものです。

1.アスファルト防水

アスファルト防水工事は、下地作成、プライマー塗り、ルーフィング張り、ドレインや配管立ち上がりなどの補強張りの工程で進めます。

① 下地作成

良いコンクリートを打設し、下地に漏水がないことが望ましいことです。下地の不具合は、将来の雨漏れのリスクにつながります。たとえば防水下地に突起があれば、長期的には防水層にストレスを与え、その部分に劣化を生じさせます。下地について、次のようなチェックをします。

防水下地のチェック事項の例
  • 下地の勾配がとれていて、水が滞留しない
  • ドレインが下がっていて、周囲に水が滞留しない
  • 下地に凹凸や突起などがない
  • C型セパレーターを使った場合には、サンダーで平滑に削っている
  • 汚れの付着がなくよく清掃されている
  • パラペットなど、防水の納まりが検討されて作成している
  • 出隅、入隅が定められた仕様で処理されている
  • 下地の含水率が8%以下になっている
  • 含水率の確認
    含水率の確認

    公共建築工事標準仕様書には、下地の含水率の数値がなく、「十分に乾燥」となっています。メーカーでは含水率は8%以下が多く、1つの基準になります。

  • 水が滞留しないことの確認
    水が滞留しないことの確認

    下地の段階で散水して水が滞留しないことを確認しています。水が滞留する場合には、左官で補修して水が滞留しないようにします。

② アスファルト防水の材料

アスファルト防水の材料は、プライマー、アスファルト、アスファルトルーフィングなどがあります。アスファルト防水ではアスファルトを釜で溶融してルーフィングを張り付けます。溶融時に煙や臭いが出るので、溶融釜を使わないトーチ工法もあります。ルーフィングにアスファルトが付いていて、トーチであぶって張り付ける工法です。

  • アスファルトルーフィングの例
    アスファルトルーフィングの例

    アスファルトルーフィングは、寝かせると曲がった癖が付いてしまうので、立てた状態で保管します。梱包には「横積、水ぬれ厳禁」と表示されています。

  • 溶融釜の例
    溶融釜の例

    アスファルトを溶融する釜です。煙や臭いが出るので、状況によっては近隣説明や消防署への事前連絡が必要になります。

③ プライマーの塗布

最初に下地にプライマーを塗ります。プライマーは下地とルーフィングの接着を高めます。プライマーを塗り終えたら、多少雨が降っても下地に水分が吸収されません。

  • プライマーの塗布中
    プライマーの塗布中

    下地が十分に乾燥したら、掃除をしてプライマーを塗布します。

  • プライマーの塗布完了
    プライマーの塗布完了

    プライマーを塗り終えた状態です。

④ 断熱材、ルーフィング張り

事例では外断熱仕様で、断熱材を敷き込んでからアスファルトルーフィングを施工しています。

  • 断熱材の敷き込み
    断熱材の敷き込み

    プライマーを塗った後で、断熱材を敷き並べています。

  • アスファルトルーフィング張り
    アスファルトルーフィング張り

    断熱材を敷き込み、アスファルトルーフィングを施工しています。

⑤ アスファルト層の補強

ドレインや配管の立ち上がり部分、入隅部分(2つの面が出会ってできる凹状の部分)、出隅部分(2つの面が出会ってできる凸状の部分)など、防水層の弱点となりやすい部分を補強します。補強方法は、メッシュを入れて補強したり、1層多く増し張りしたりします。

  • 配管周りの増し張り
    配管周りの増し張り

    アスファルト層内の水分の気化により、アスファルト層を膨れさせることがあります。それを防ぐために脱気装置が設けられていて、その装置の周りを増し張りで補強しています。

  • 出隅のメッシュ補強
    出隅のメッシュ補強

    出隅部分はアスファルト層にストレスがかかるので、メッシュにより補強しています。

2.シーリング防水

シーリング工事は、下地作成、バックアップ材、マスキングテープ(養生テープ)張り、プライマー塗り、シーリング充填、へら仕上げ、養生テープの撤去の工程で進めます。バックアップ材は、目地底に入れて目地形状を調整するとともに、シーリング材と目地底を切り離すことで、目地底のクラックをシーリング全体で受けるようにします。

シーリング防水
  • シーリングが目地底に付着すると、局部的にクラックが作用してしまいます。目地の動きが小さい場合には3面接着でも可とします。
  • バックアップ材でシーリングと目地底を切り離し、2面接着とすることで、クラックをシーリング全体で受けます。
  • 1.養生テープ張り
    1.養生テープ張り

    目地形状を整え、清掃して、養生テープを張ります。

  • 2.シーリング充填
    2.シーリング充填

    シーリングガンで目地にシーリング材を充填します。

  • 3.へら仕上げ
    3.へら仕上げ

    シーリング材の充填後に、へらで表面を均し仕上げます。

  • 4.養生テープの撤去
    4.養生テープの撤去

    シーリング材の充填状況だけでなく、表面の出来映えも重要です。

「防水工事の確認」ができるチェックリストをダウンロード

工事監理では、「工事と設計図書との照合及び確認」が求められていますが、具体的に何を確認するのかは明確ではありません。どのような確認項目があるのか、体系的に理解していただけるように、チェックリストをご提供します。

チェックリストは2つあります。1つは、工事監理ガイドラインの「確認項目及び確認方法の例示」です。もう1つは、公共建築工事標準仕様書(建築工事編)を参考に作成した「工事監理チェックリスト」です。しっかりとした確認をするために、これらのチェックリストをご活用ください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®がインストールされている必要があります。インストールされていない場合は左のアイコンからダウンロードが可能です。

原稿協力

関連記事

2017/09/28

集合住宅編 第34回
給排水衛生設備工事、空調換気設備工事-4

設備工事は大きく電気設備工事...

2017/08/30

集合住宅編 第33回
給排水衛生設備工事、空調換気設備工事-3

設備工事は大きく電気設備工事...

2017/07/31

集合住宅編 第32回
給排水衛生設備工事、空調換気設備工事-2

設備工事は大きく電気設備工事...