ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場探訪 優れた工事成績評定の現場、話題の新技術、人材確保に役立つ情報をレポート

表彰工事

短期間で困難な作業条件下、
工程管理・安全管理を工夫。
先の先を読んでリスクを回避。

2014/11/27

成26年度国土交通省中部地方整備局の局長表彰を受けた「平成24年度長良川穂積護岸工事」。その工事について、発注者である中部地方整備局木曽川上流河川事務所・上野広志副所長、加納啓司工務課長、受注者である杉山建設株式会社・杉山文康代表取締役、松岡英憲取締役技術部長、杉岡宏明工務部工務課長にお話を伺いました。

【工事概要】
工事名 平成24年度長良川穂積護岸工事
工期 平成24年10月6日~平成25年10月25日
発注者 国土交通省中部地方整備局木曽川上流河川事務所
受注者 杉山建設株式会社
施工場所 岐阜県瑞穂市祖父江地先
請負金額(税込) 261,135,000円
監理技術者 清水優

まず、今回の工事の概要について、中部地方整備局木曽川上流河川事務所・上野広志副所長、加納啓司工務課長にお伺いしました。

犀川流域の内水氾濫域に位置する本巣市・穂積市・大垣市・北方町は人口約26.6万人で、特に犀川が長良川に合流する内水氾濫域は、近年住宅化が進行しています。このため、概ね40年に1回程度起こる大雨により想定される内水氾濫被害を、排水機場等を整備することで軽減するため、当事業を実施しました。

本工事は、前年度までに新設の排水機場整備と既設の排水機場撤去を実施し、残りの築堤盛土、法覆護岸工、仮締切撤去及び付帯道路工等を24~25年度に実施したものです。

資料1)イメージアップ看板

資料1)イメージアップ看板

図1)工事平面図

図1)工事平面図

図2)工事横断図

図2)工事横断図
  • 写真1)上野広志副所長写真1)上野広志副所長
  • 写真2)加納啓司工務課長写真2)加納啓司工務課長
この工事が局長表彰の対象となった理由はどのような点が挙げられますか?

優良工事となったポイントは主に次の5点です。

①低振動工法の選定
既設の護岸に接する付近の鋼矢板引き抜き作業において、矢板と既設護岸本体基礎が50㎝程度しか離れていなかったため、既設護岸への振動による損傷を極力低減させることを目的に、影響範囲において低振動工法である油圧バイブロ工法を選定し実施するとともに、振動計を設置し確認しながら丁寧な工事を実施しました。

②盛土工の品質管理
盛土工において最も重要な項目は盛土材(山土)の含水比管理です。現場に到着する盛土材の含水比を毎日確認して、最適な含水比の確保を実施しました(通常は工事中1回、含水比を確認)。

③使用目的に合わせた発生土の品質管理
発生土(約4万㎥)の使用先が4か所に分かれる中、それぞれの使用目的に合わせて発生土を分類しました。特に木曽川右岸堤の築堤材として使用する発生土は、築堤材として良質な盛土材となるように、発生土の粒度振い分けを行い、粒度分布の良い状態で締固めを行いました。

④堤防道路の仮回し道路から本設道路の切り替え時の通行止め期間の短縮
約10000台/日の交通量のある県道の管理者との協議の結果、土日も継続して工事をすることにより、通行止め期間を当初より短い30日と設定し、完了しました。

⑤ダンプトラックの確保
当初発注時には、発生土の運搬先が2か所でしたが、契約後、市町村からの残土受け入れ要請等により、4か所に運搬することとなりましたが、運行計画の見直し、他からのトラックの確保により必要台数を確保することができました。運搬距離も長くなり、ダンプトラックの確保が非常に困難な状況の中で、安全管理を確保しつつ、効率よく土砂の運搬が行えるように工程管理を実施しました。

その他に何か特筆する点はありますか?

写真3)測量・丁張り体験会写真3)測量・丁張り体験会

写真4)杉山文康代表取締役写真4)杉山文康代表取締役

地元の高校からインターシップ活動として学生を招き入れ、本工事で現場体験を実施、また地元の工業高等専門学校生に対して、出前講座を開催し、その後、現場で「測量・丁張り体験会」を実施、建設業の魅力を実体験させることで、将来の建設業界の人材確保へ向けた取り組みを行いました。

では、実際の施工者は工程管理や品質管理等について、どのような工夫、注意をされたのか、杉山建設株式会社・杉山文康代表取締役、松岡英憲取締役技術部長、杉岡宏明工務部工務課長に話を伺いました。

  • 写真5)松岡英憲取締役技術部長写真5)松岡英憲取締役技術部長
  • 写真6)杉岡宏明工務部工務課長写真6)杉岡宏明工務部工務課長
短期間での作業等困難な作業条件下で工夫、注意されたことをお聞かせ下さい

前年度業者から3月の下旬に引き渡しがあり、出水期の6月までに残りの築堤護岸を完成する必要がありました。工期が短いため、盛土作業と法枠作業を併行して行いました。盛土作業は手戻りが許されないので確実な締固め管理が必要で、日々搬入されてくる購入土に現場含水比試験を実施し、その日の的確な対処方法(干す、散水する等)を行いました。

  • 写真7)現場含水比試験写真7)現場含水比試験
  • 写真8)散水状況写真8)散水状況

写真9)重機の退避写真9)重機の退避

また、発生土の運搬は出水期の作業のため、機械の水没が予想され、二重締め切り盛土の一部を計画高水高の高さで止め、そこへ重機を退避させ増水による水没を回避しました。

その他工程管理、安全管理面でとった対策があればお話し下さい

資料2)運行なんでもメモ資料2)運行なんでもメモ

河川敷内で発生する土(4万m3)を残土受け入れ地へ運搬する必要がありました。そのうちの一つは32km離れた木曽川左岸で、土砂運搬中の交通災害が危惧される中、通常の安全管理(通行ルート調整、地元説明、工事用看板、運行マップ)に加え、運搬時における問題点を把握し日々改善していくために、全運転者に「運行なんでもメモ」を配布し、体験したこと、感じたことを報告する取り組みを実施しました。

また、期間が1か月間と制約された県道の復旧工事については、工程を組み上げるまで何度も見直しを行い、さらに発注者、受注者で幾度となく打ち合わせを行い、事前の工事管理計画の精査をしました。

今回の工事が評価された理由について伺います

常に先の先を読まないと現場が手詰まりになると心掛けていました。照査の時点でありとあらゆるリスクを割り出したことにより、工期内に完成することができました。また、出水期間中の作業は、非常に気苦労がありましたが、無事故で完成することができました。

最後に、日ごろから心がけていること、
若い監理技術者に対してメッセージをお願いします。

工事に関係する全ての人に会って会話すること、また工事に起因する全てのリスクの洗い出しを行い、先行して協議簿を作成しています。

設計図書と現場が一致しているか現場を歩いて良く理解することも重要です。その地域の特有なこと、気象・地理・制約条件、諸官庁、地元、施工時期、施工内容をよく理解し、さらにこれらのことはどこかで因果関係を持っていると考えることです。

また、第三者の気持ちで現場を観察することです。

取材協力

関連記事

2017/07/31

話題の現場JECA FAIR 2017製品コンクール
中小企業庁長官賞受賞
充電式特殊LED投光器「X-teraso(エックステラソー)」

夜間工事やトンネル工事、地下工事など建設現場のさまざまなシーンで使用される投光器。これまでは発電機を電源とした水銀灯の...

2017/06/29

話題の現場技術開発の拠点として、半世紀にわたり
建設業界の発展に寄与する五洋建設技術研究所。

建設業界の話題の現場を訪問する「現場探訪~話題の現場」。今回は、ゼネコンの技術開発の拠点、技術研究所を探訪します...

2017/05/30

表彰工事急峻な巨石混じりの法面開削を情報化施工で安全に実施、大口径の場所打ち杭と精度重視の橋台施工

今回の現場探訪は、平成27年度国土交通省北陸地方整備局の局長表彰を受けた「妙高大橋架替下部工事」。この工事を受注された田中産業株式会社にて...