ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場探訪 優れた工事成績評定の現場、話題の新技術、人材確保に役立つ情報をレポート

話題の現場

“ええもん技術使こて、ええモン創ろ!”
建設技術展2017近畿

2017/11/29

ええもん使こて、ええモン創ろ! 建設技術展2017近畿

年秋に開催される近畿地方の建設技術展。2017年も10月25日(水)~26日(木)の二日間にわたって、マイドーム大阪で開催されました。近畿地方を中心とした民間企業、団体、学校等が参加し、最新の技術や取組の紹介を行いました。今回の現場探訪では、この技術展の様子を、当日の写真を交えて紹介します。

1. 開会式

写真1)テープカット 写真1)テープカット

主催者の一般社団法人 近畿建設協会 霜上理事長、出展者代表の一般社団法人 日本道路建設業協会 池田関西支部長のあいさつ、国土交通省近畿地方整備局 池田局長による来賓代表あいさつに続き、近畿地方整備局井上企画部長の開会宣言で、二日間の展示会がスタートしました。

今年も近畿地方を代表する企業、学校、団体が出展し、出展者数は159(うち学校11)者に上りました。企業は防災・環境・コスト縮減・安全安心・施工・維持更新・ITICTのテーマのもと、自慢の技術を紹介しながら、来場者に自社の技術力と実績をアピールしました。

2. フォーラム・シンポジウム

二日間にわたり、多目的ホールと橋梁模型会場等にて、たくさんのフォーラム、シンポジウムが開催されました。

写真2)あすの夢土木シンポジウム 写真2)あすの夢土木シンポジウム

○10月25日(水)
・関西ライフライン研究会地震防災フォーラム
・新名神高速道路シンポジウム
・あすの夢土木シンポジウム
・土木実験・プレゼン大会~どうして?なぜ?が一目でわかる~(土木学会関西支部主催)

写真3)学生のためのキャリア支援 写真3)学生のためのキャリア支援

○10月26日(木)
・近畿地方整備局 新技術活用促進セミナー
・建設コンサルタンツ協会近畿支部 関西未来づくりシンポジウム
・学生のためのキャリア支援~相談にのります、将来への道づくり~(土木学会関西支部主催)
・インフラメンテナンス国民会議 近畿本部フォーラム

3. 橋梁模型製作コンテスト

会期中、会場内が一番盛り上がる催しが「橋梁模型製作コンテスト」。会場製作・学生の2部門において橋梁模型を製作します。41チームが参加した学生部門は学校で事前に製作したものを展示し、会場製作部門は企業、学生など16チームが参加し、支間長1mの橋梁模型を2時間の制限時間内に製作します。2日目には審査員による「デザイン性」「技術度」等の審査を経て1分間の載荷試験が行われ、最も優秀な橋梁模型には最優秀賞が贈られました。

会場製作部門

最優秀賞/高知県立高知工業高等学校 定時制
優秀賞/中央復建コンサルタンツ 株式会社
    株式会社 駒井ハルテック

写真4)会場製作風景写真4)会場製作風景
写真5)会場製作部門最優秀賞 高知県立高知工業高等学校 定時制 ※建設技術展2017近畿 公式HPより写真5)会場製作部門最優秀賞
高知県立高知工業高等学校 定時制
※建設技術展2017近畿 公式HPより
学生部門

最優秀賞/奈良県立吉野高等学校 よしのA
優秀賞/兵庫県立東播工業高等学校
    奈良県立吉野高等学校 よしのB

写真6)載荷実験の様子写真6)載荷実験の様子
写真7)学生部門最優秀賞 奈良県立吉野高等学校 よしのA ※建設技術展2017近畿 公式HPより写真7)学生部門最優秀賞
奈良県立吉野高等学校 よしのA
※建設技術展2017近畿 公式HPより

会場製作部門で最優秀賞を受賞した高知工業高等学校はゼネコンやコンサルタントを抑えて2年ぶりの受賞。学生部門最優秀賞の吉野高等学校は2年連続の受賞となりました。

4. 技術展示表彰

建設技術展では、出展者に対しても展示表彰を行っています。2017年の受賞は以下の通りです。

技術展示表彰

・注目技術賞/日本SPR工法協会関西支部(SPR工法)
  西尾レントール株式会社(i-Constructionと生産性の向上)
  中日本ハイウェイエンジニアリング名古屋株式会社(はさまれん棒)
  クモノスコーポレーション株式会社(3次元計測で「インフラの見える化」)
・審査員特別賞/五洋建設株式会社(無線LANポートを用いた港湾構造物の点検診断システム)
・ベストブース賞/JFEグループ

写真8)ベストブース賞(JFEグループ)※建設技術展2017近畿 公式HPより 写真8)ベストブース賞(JFEグループ)
※建設技術展2017近畿 公式HPより

今年は例年以上に「i-Construction」に関する技術展示が多かったように感じられました。工事規模の大小に関わらず、さまざまなカタチで情報化施工の採用が広がっているようでした。
展示会への来場者は2日間で15,000人以上。今年も大盛況のうちに幕を閉じました。技術で近畿地方の建設業界を盛り上げる建設技術展。また、民間だけでなく学・官の交流の場としても大きな役目を果たしています。今年参加された方はもちろん、近畿地方以外の技術者の皆さんにもぜひ訪れていただきたいと思います。
最後に、当技術展を主催している一般社団法人 近畿建設協会 霜上民生理事長に、建設技術展の現状と今後についてお話を伺いました。

5. 主催者インタビュー

写真9)霜上理事長写真9)霜上理事長

当技術展は、もともと国土交通省近畿地方整備局が行っていたものを、2008年から引き継ぐかたちで日刊建設工業新聞社と近畿建設協会が主催となって実施しています。私たちが引き継いで、今年で10年目となりますが、おかげさまで、出展される企業・団体の数も年々増え、来場者もそれに合わせるように順調に伸びてきています。その間、建設業には厳しい風が吹いた時期もありましたが、近畿の建設業界を盛り上げたいという想いと、賛同していただける企業の皆様と団結しながら今日に至りました。

10年の節目を終え、次の10年を考えると、当技術展も課題がないわけではありません。私が気にかけているのが、近畿というエリアにとらわれすぎていないだろうかという点です。近畿から技術を発信するという姿勢にこだわるだけでなく、例えば大手のゼネコンさんなどは、東京で展開しているプロジェクトをあえて近畿の建設技術展で紹介されても良いのではないかと思います。「東京ではこんなことやっていますよ」とアピールすることで、近畿地方の技術者も刺激を受けると思います。

もうひとつの課題は、現状、出展者の数はほぼ限界となっています。募集開始後も、すぐに募集数が埋まってしまい、参加を希望される企業様にお断りしているのが現状です。私たちとしては、より多くの新しい企業様に門戸を開きたいと思っていますので、現在のブースのコマ数を再検討する等、来年は少しでも多くの企業様に参加していただけるよう、努力・調整を行っていきたいと思います。
また来年も、今年以上にたくさんの来場者にご満足いただけるような運営を行っていきたいと考えています。

取材協力

関連記事

2018/09/27

表彰工事青森発、生産性向上と働き方改革。ICT土工の採用と週休二日の現場実現で、東北地方整備局局長表彰を受ける。

国土交通省や建設関連団体が積極的に進めている「建設業の生産性向上と働き方改革」。中でも、「i-Constructionの推進」と「週休二日制の導入」は...

2018/07/30

話題の現場~地方から建設業を変える~YDN(やんちゃな土木ネットワーク)の活動とドローン自動航行アプリについて

国土交通省では、平成27年から、建設業の生産性の向上を図り、魅力ある建設現場をめざす取組み「i-Construction(アイ・コンストラクション)」を進めています。...

2018/05/30

表彰工事着工前から完成まで、先手管理を徹底。事故・トラブル発生の可能性を最小限に抑える取組。

今回の現場探訪は、平成29年度国土交通省中部地方整備局の局長表彰を受けた「平成27年度 大井川赤松護岸工事」。工期中に大きなトラブルもなく...