ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

トピックス 建設業界で話題の出来事をConCom独自の視点でご紹介

「浜離宮」に図書館?!

日本唯一の建設専門図書館-------------『建設産業図書館』

2013/01/21

蔵書は約50,000点を誇る

『建設産業図書館』入口

古川修文庫

称「浜離宮」の名で知られる東京都立浜離宮恩賜庭園。黒松、ボタン園で有名な浜離宮にほど近い「浜離宮建設プラザ」内に『建設産業図書館』はある。東日本建設業保証 株式会社の創立50周年記念事業として開設され、平成24年11月で10周年を迎えた。建設に関する資料に特化した日本唯一の専門図書館として、建設業関連の企業から個人まで幅広く利用されているが、その存在は意外と知られていない。

 明治時代の貴重な古書から、建築史、土木史、建設工学、建設関連の小説、雑誌のバックナンバーまで、その蔵書の数は約5万点を誇る。しかも、これらが一部を除きほとんど無償(郵送での利用の際は、送料利用者負担)で利用できる。圧巻は京都大学名誉教授の故古川修氏の50年間にわたる研究活動を支えた約3,000点の書籍・資料を保管した「古川修文庫」。建設産業、建設生産研究の先駆者とされる古川氏の研究のすべてを垣間見ることができる。

建設産業の知識・情報収集の拠点として

関 事務局長

在の利用状況や今後の抱負について、図書館の関 司事務局長に話を伺った。
『利用者の75%は建設業を中心とした企業関係の方になります。その意味では、東日本建設業保証株式会社の企業内図書館としての使命を果たしていると思います。

 一方で公共図書館と同様、広く一般に開放している図書館としては、今以上に幅広い分野の方々に利用していただければと考えています。建設の技術に関する書籍も取り揃えておりますので、建設技術者の方の知識・情報収集の拠点として有効に活用いただけるはずです。また現在は、学生の利用者数が少ないので、もっと若い人に当館の存在を知っていただかなければならないと思っています。

 建設産業の重要な課題として後継者問題や若年労働者の入職問題がありますが、学生さんが当館を一度訪れて、土木・建築技術者の努力や情熱、建設業と社会との関わりあいなど、建設産業の魅力について理解を深めるきっかけになればと思っています。』

 若年入職者の減少の問題は、建設業界全体の課題でもあるが、「建設業の発展を支える」という立場から、図書館にとっても見過ごせない課題として捉えているようだ。

現地で探すも良し、ネットで検索するも良し

『建設産業図書館』館内

近は安全教育関連のDVDの人気が高く、現場の安全対策用や新入社員教育用として活用されているようだ。

 図書館では、PCですべての書籍一覧が確認できるので、借りたい書籍・資料が決まっていれば、簡単に検索することができる。もちろん手に取ってみて、借りたい時は、整理された館内を見て回るのも図書館利用の楽しみ方のひとつだ。郵送希望の場合も、図書館のHPの検索機能を利用すれば、自宅・会社にいながら借りることも可能。特に遠方の方は、郵送貸出を活用していただきたい。

建設産業図書館

ConCom事務局では、建設産業図書館と提携し、ConCom会員限定の優待(郵送利用時の返却発送費無料)サービスを行っています。遠方でなかなか現地に足を運べない方も、 このサービスを利用して、ぜひ自己研鑚に役立ててください。

建設産業図書館の優待利用方法

建設産業図書館利用案内
所在地 〒104-8439
東京都中央区築地5-5-12 浜離宮建設プラザ1F
開館時間

9:30~16:30 (土日祝休館)

TEL 03-3545-5129
FAX 03-3545-5141
施設 フロア面積385㎡、閲覧席20席、
図書検索・インターネット閲覧端末2台、AV資料閲覧モニター2台
ホームページ http://www.ejcs.co.jp/library/cil.html
地図 http://www.ejcs.co.jp/library/riyou/map.pdf

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®がインストールされている必要があります。インストールされていない場合は左のアイコンからダウンロードが可能です。

関連記事

2017/09/28

全国各地で実施される『建設技術展示会』

今年も建設技術の展示会が開催される時期となりました。各展示会では「生産性革命」...

2017/08/30

建設発生土のマッチング ~建設発生土の官民有効利用の試行マッチング~

国土交通省で平成26年9月に策定した「建設リサイクル推進計画2014」において新たに取り組むべき重点施策の一つとして...

2017/07/31

「新設コンクリート革命」出版記念セミナー

『新設コンクリート革命~長持ちするインフラの作り方~』が3月に出版されました...