ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

トピックス 建設業界で話題の出来事をConCom独自の視点でご紹介

2019/10/30

改正品確法の基本方針、改正入契法の適正化指針を閣議決定

6月に改正された「公共工事の品質確保の促進に関する法律(品確法)」に基づく『品確法基本方針』と、「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律(入契法)」に基づく『入契法適正化指針』の一部変更が10月18日に閣議決定されました。

これらは公共工事の発注者等が講ずべき具体的な措置を規定するもので、今回新たに施工時期の平準化や適正な工期設定、災害時の緊急対応などが盛り込まれています。発注者にはこれらの基本方針、適正化指針に従って必要な措置を講じる努力義務が生じることから、働き方改革の推進や生産性の向上、災害時の緊急対応の強化が現場で具体化されることが期待できます。

以下、主な変更内容を紹介します。

品確法基本方針

発注者が講ずべき措置
  • ・災害時の緊急対応の充実強化

     災害応急対策や緊急性が高い災害復旧に関する工事には随意契約を、その他の災害復旧に関する工事にあっては指名競争入札を選択するように努める。
    災害応急対策又は災害復旧に関する工事が迅速かつ円滑に実施されるよう、あらかじめ建設業者団体等との協定の締結に努めるとともに、他の発注者と連携を図るように努める。

  • ・施工の時期の平準化

     工期が1年以上の公共工事のみならず、工期が1年に満たない公共工事についても、繰越明許費や債務負担行為の活用により翌年度にわたる工期設定を行う等の取組みを通じて、施工の時期の平準化を図る。

  • ・適正な工期設定

     発注者は、公共工事に従事する者の労働時間その他の労働条件が適正に確保されるよう、公共工事に従事する者の休日、工事の施工に必要な準備期間、天候その他のやむを得ない事由により工事の施工が困難であると見込まれる日数、工事の規模及び難易度、地域の実情等等を考慮し、適正な工期を設定する。

受注者等の責務

下請契約において最新の法定福利費を内訳明示した見積書を活用し、これを尊重すること、請負契約において法定福利費の請負代金内訳書を活用し、法定福利費が的確に反映されていることを明確にすること等により、下請契約が適正な請負代金で締結されるようにする。
受注者は、「建設キャリアアップシステム」について、下請業者に対し、その利用を促進すること等により、個々の技能労働者が有する技能や経験に応じた適正な評価や処遇を受けられるよう労働環境の改善に努める。

その他、調査等における「発注関係事務」や「受注者等の責務」、「公共工事の目的物の適切な維持管理の実施」についての項目などが新設されました。

入契法適正化指針

発注者が講ずべき措置
  • ・公共工事の施工に必要な工期の確保

     工期の設定に当たっては、工事の規模及び難易度、地域の実情、自然条件、工事内容、施工条件のほか、

    イ 公共工事に従事する者の休日

    ロ 施工に先立って行う、労務・資機材の調達、現地調査等、現場事務所の設置等の準備期間

    ハ 工事完成後の自主検査、清掃等を含む後片付け期間

    ニ 降雨日、降雪・出水期等の作業不能日数

    ホ 用地取得や建築確認、道路管理者との調整等、工事着手前に発注者が対応すべき事項がある場合には、その手続きに要する期間

    ヘ 過去の同種類時工事において当初の見込みよりも長い工期を要した実績が多いと認められる場合には、当該工期の期間

    を適切に考慮する。

  • ・地域における公共工事の施工の時期の平準化

     ①債務負担行為の活用
    ②柔軟な工期の設定(余裕期間制度の活用)
    ③速やかな繰越手続き(繰越明許費の活用)
    ④積算の前倒し
    ⑤早期執行のための目標設定
    等の必要な措置を講ずることにより、施工の時期の標準化を図る。

     その他、品確法の改正等を踏まえて、災害時における緊急性に応じた随意契約・指名競争入札の活用、工事検査等における情報通信技術の活用、担い手確保のための処遇改善の取り組みなどが追記されました。

 

新着記事

現場の失敗と対策

2021/10/28
基礎工事 3)既製杭 中掘り杭が根固め前に大きく沈下

トピックス

2021/10/28

令和3年度 土木学会選奨土木遺産決定

土木学会において、令和3年度の選奨土木遺産が決定しました。今年度は、京都市の近代化に多大な貢献をした琵琶湖疏水など25の土木遺産が選定されています。...

土木遺産を訪ねて

2021/10/28

File 18 六郷水門/東京都大田区

今回の歩いて学ぶ土木遺産は、京浜急行八丁畷(はっちょうなわて)駅から土木遺産「六郷水門」へ向かう行程です。「六郷水門」へは、京浜急行の六郷土手駅が最寄りですが、...

コラム

2021/10/28
海水で練り混ぜたコンクリートって使えますか!?