ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場監理の達人 現場監理に役立つチェック項目を、工程ごとにご紹介

集合住宅編
第31回 給排水衛生設備工事、
     空調換気設備工事-1

2017/06/29

合住宅建設における工事監理者の業務を主体とした「現場監理の達人 集合住宅編」では、全37回にわたり工種ごとの工事監理のポイントについて、専門用語の解説や事例写真を使いわかり易く解説しています。工種別の工事監理ガイドラインもPDF形式でダウンロードできますので、ぜひ業務に活用ください。

ここでの監理者の心構え

備工事は大きく電気設備工事と機械設備工事に分けられます。機械設備工事には、給水工事、排水工事、空調工事、保温工事、ガス工事、消防設備工事、衛生器具工事などが含まれます。建築工事を統括する現場代理人がいますが、設備工事会社でも現場代理人が選任されて、設備工事全般を施工管理し、建築工事や他の専門工事との調整をしながら進めます。

監理者は建築、機械設備、電気設備の各現場代理人を集めて定例会議を開き、仕様の決定や変更事項への対応などを協議しながら工事監理をします。たとえば設備機器が変更になれば、建築工事の納まりが変わったり、電気の容量が変わったりすることがあります。建築工事、電気設備工事、機械設備工事は相互に関連しているので、監理者は総合的な検討が重要になります。

監理者は機械設備工事では、施工計画・施工図、設備工事会社が行なう試験・検査の記録、実際の設備機器の機能の有効性や設備機器の取付け状態などを確認します。

1.機械設備工事の監理フロー

機械設備工事の監理フローの概要は、次のようになります。

機械設備工事の監理フロー

機械設備工事の監理フロー

2.スリーブ工事

機械設備工事では、建物の躯体を貫通して管やダクトを施工します。躯体工事前に建築の意匠・構造、電気設備、機械設備の相互関係をチェックし、施工図で管やダクトの位置を決定します。躯体工事中には壁、梁、スラブにスリーブを入れて、欠損部分を構造的に補強しておくことが必要です。躯体工事完了後にコア抜き(機械でコンクリートに穴をあけること)をすれば、鉄筋を切断して問題になることもあります。特に梁の主筋を切断すれば、構造的に大問題になってしまいます。監理者は躯体工事前にスリーブ図と補強方法を確認しておくことが重要です。

次にスリーブの基準の例を示します。構造仕様によって基準が異なることもありますので、設計図書を参照してください。

スリーブの基準の例

スリーブの基準の例

スリーブ図からスリーブの径、長さ、数量を拾い出して加工します。

スリーブの準備
スリーブの準備

スリーブを設置するために、梁幅に合わせてボイド管を切断しています。

地中梁工事中のスリーブ入れです。この後、スラブの型枠と鉄筋を施工し、コンクリートを打設すると地下ピットになります。

  • 地中梁のスリーブ
  • 人通孔
地中梁のスリーブ/人通孔
  • 配管はボイド管ではなく、塩ビ管を直接打込んでいます。

  • 人通孔は地中梁で区画されたピット内を、人が移動するための開口です。人通孔が地中梁を欠損するので、人が通れる最小限の直径600㎜で施工しています。

土と接する外周部の壁は、漏水を防ぐために止水板を入れています。

外周部のスリーブ
外周部のスリーブ

次は外周部の配管回りの止水処理をしている例です。

配管回りの止水
配管回りの止水

ピットで配管する場合には、酸素欠乏による事故に注意します。

ピット内の配管工事
  • ピット内の配管工事
  • ピット内の配管工事

ピット内で配管工事をするときには、酸素欠乏の恐れがあるので、送風機で空気を送り込んで作業をします。

地上階の梁のスリーブ入れです。梁筋はスラブ型枠より上部で組立て、配筋後に梁型枠内に下げます。梁筋が梁型枠に納まった状態では、スリーブは入れられません。設備工は梁配筋後、梁型枠に鉄筋を下げる前にスリーブを入れます。

  • 梁のスリーブ①
    梁のスリーブ①

    スリーブを準備しておき、梁配筋後すぐにスリーブを入れます。

  • 梁のスリーブ②
    梁のスリーブ②

    このスリーブは端部がダブルで重なっていて、長さが微調整できます。

  • 梁のスリーブ③
    梁のスリーブ③

    梁型枠に梁筋が納まった状態では、スリーブは入りません。

  • 梁のスリーブ④
    梁のスリーブ④

    スリーブ補強は既成品を使っています。スターラップを組むときに取付けています。

スラブのスリーブ入れです。大きな開口が必要な場合は箱を入れて、鉄筋で補強します。

床スリーブ
床スリーブ

壁のスリーブ入れです。換気スリーブと空調機の配管用のスリーブです。

  • 壁スリーブ
  • 壁スリーブの鉄筋のかぶり
壁スリーブ/壁スリーブの鉄筋のかぶり
  • 壁に取付枠を釘でとめて、それに塩ビスリーブをはめています。

  • スリーブも鉄筋のかぶり厚さを確保することが必要です。

スリーブ回りからの漏水がないように、外壁スリーブの周囲、床の排水管の貫通部分を塗布防水しています。これらは、施工者が自主的に行っているものです。

  • 外壁スリーブの塗布防水
    外壁スリーブの塗布防水

    外壁部のスリーブの周囲は水が浸透するリスクがあるので、塗布防水をしています。

  • 床スリーブの塗布防水
    床スリーブの塗布防水

    万が一漏水した場合に、下階の住戸に水が落ちないように、貫通部分を塗布防水しています。

「給排水衛生設備工事、空調換気設備工事の確認」ができる工事監理ガイドラインをダウンロード

工事監理では、「工事と設計図書との照合及び確認」が求められていますが、具体的に何を確認するのかは明確ではありません。どのような確認事項があるのか、体系的に理解し、しっかりと確認していただけるように、工事監理ガイドラインの「確認項目及び確認方法の例示」をご提供します。工事監理にご活用ください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®がインストールされている必要があります。インストールされていない場合は左のアイコンからダウンロードが可能です。

原稿協力

関連記事

2017/10/30

集合住宅編 第35回
給排水衛生設備工事、空調換気設備工事-5

設備工事は大きく電気設備工事...

2017/09/28

集合住宅編 第34回
給排水衛生設備工事、空調換気設備工事-4

設備工事は大きく電気設備工事...

2017/08/30

集合住宅編 第33回
給排水衛生設備工事、空調換気設備工事-3

設備工事は大きく電気設備工事...