ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場探訪 優れた工事成績評定の現場、話題の新技術、人材確保に役立つ情報をレポート

2017/10/30

表彰工事小さな事故も“ゼロ”、現場内でのトラブルも“ゼロ” 鋼製スリットメーカーも巻き込んだ、安全対策を実施。

今回の現場探訪は、平成29年度国土交通省四国地方整備局の局長表彰を受けた「平成27・28年度 上尾後谷堰堤工事」。この工事を受注された株式会社 山全にて...

2017/09/28

話題の現場話題のマンホールカードの発行にも参画
「マンホール蓋」製造メーカー 長島鋳物株式会社

今年8月、東京ビックサイトにて開催された「下水道展'17東京」において、注目を集めているブースがありました。色とりどりのマンホールが展示され...

2017/08/30

表彰工事山中湖畔沿い木製デッキのサイクリングロード整備、観光客に対する安全配慮、地元ボート業者との工事調整に万全を期して完成

今回の現場探訪は、平成28年度国土交通省関東地方整備局の局長表彰を受けた「山中湖自転車歩行者道設置その5工事」。この工事を受注されたタカムラ建設株式会社にて...

2017/07/31

話題の現場JECA FAIR 2017製品コンクール 中小企業庁長官賞受賞
充電式特殊LED投光器「X-teraso(エックステラソー)」

夜間工事やトンネル工事、地下工事など建設現場のさまざまなシーンで使用される投光器。これまでは発電機を電源とした水銀灯の...

2017/06/29

話題の現場技術開発の拠点として、半世紀にわたり
建設業界の発展に寄与する五洋建設技術研究所。

建設業界の話題の現場を訪問する「現場探訪~話題の現場」。今回は、ゼネコンの技術開発の拠点、技術研究所を探訪します...

2017/5/30

表彰工事急峻な巨石混じりの法面開削を情報化施工で安全に実施、大口径の場所打ち杭と精度重視の橋台施工

今回の現場探訪は、平成27年度国土交通省北陸地方整備局の局長表彰を受けた「妙高大橋架替下部工事」。この工事を受注された田中産業株式会社にて...

2017/3/31

建設ツール建設工事の「すぐれもの」山口県コンクリート施工記録データベースの活用

建設工事の品質確保と生産性の両立。建設技術者の皆さんは日々、その両立に苦労されていると思います。そこで、CONCOM「現場探訪~建設ツール~」では、...

2017/2/27

表彰工事地盤改良等の大幅な設計・工期変更も、発注者との連携で対応。情報化施工(GNSS)も積極的に採用し、工程・出来形管理も万全。地域住民待望の堤防が完成。

今回の現場探訪は、平成27年度国土交通省近畿地方整備局の局長表彰を受けた「大川地区上流築堤工事」。この工事を受注された株式会社平和建設にて、当工事の監理技術者であり...

2017/1/30

表彰工事交通規制不要で道路鋼床版を補強・補修。現場目線で専用冶具も開発。~下面補強用高性能ワンサイドボルト(TRS)~

現在、日本全国には約70万橋の道路橋があります。高度成長期以降に整備された橋梁が急速に老朽化しており、平成35年には建設後50年を経過する橋梁が4割を超える...

2016/11/29

表彰工事基本に忠実なコンクリート施工管理を実施。産学官一体の取り組みで美しく良質のコンクリート構造物の実現

主要地方道山口宇部線と宇部防府線の交差する「由良インター」の接続ランプ改築工事です。これまでは宇部方面のみのハーフランプでしたが中国縦貫自動車道と接続され交通量が増加するため...

2016/10/28

表彰工事NETISの新技術・新製品を積極的に採用。構造変更にも発注・設計・施工の3者で対応し、高品質な工事を実現。

平成27年度国土交通省東北地方整備局の局長表彰を受けた「一関遊水地磐井川石畑排水樋門改築工事」。この工事を施工された宇部建設株式会社の現場代理人 阿部裕昭さんと社長 宇部和彦さんに...

2016/10/03

建設ツール建設工事の「すぐれもの」

建設工事の品質確保と生産性の両立。建設技術者の皆さんは日々、その両立に苦労されていると思います。そこで、CONCOM「現場探訪~建設ツール~」では、より良い品質の構造物を作り上げるために役立つ...

2016/08/30

表彰工事現場の懸案事項を着工前に解決。
地震やゲリラ豪雨にも万全の安全管理で工事を完遂。

今回の現場探訪は、平成27年度国土交通省関東地方整備局の局長表彰を受けた鬼怒川右支川唐沢筋の「H25ワミ沢第2砂防堰堤改築工事」。この工事を受注された...

2016/07/28

表彰工事突然のコンクリート剥離落下にも新技術を積極的に取り入れ
迅速に対応、安全にも留意し高品質の補修を実施

平成27年度国土交通省九州地方整備局の局長表彰を受けた「日田地区橋梁耐震補強外工事」。この工事を施工された明大工業株式会社の現場代理人・監理技術者の...

2016/06/28

話題の現場専門知識を基礎から学び、実践的技術者を育てる
~香川高等専門学校 建設環境工学科の教育~

今回の現場探訪/話題の現場は、香川県高松市にある国立 香川高等専門学校の高松キャンパスを訪問しました。高等専門学校は専攻科まで含めると中学卒業後の...

2016/05/30

話題の現場耐久性の高いコンクリート構造物をつくるための品質評価ツール
~SWATとトレント法~

コンクリート構造物の劣化現象は、塩化物イオン等の劣化因子がコンクリート内部に侵入して鋼材腐食を引き起こす化学的現象と凍害、すり減りなどの物理的要因による...

2016/04/27

話題の現場地域に根ざした技術者教育「地学地就」のために寒冷地対応技術も習得
~八戸工業大学 工学部 土木建築工学科の教育~

今回の現場探訪/話題の現場は、青森県南東部、岩手県との県境「八戸市」に校舎のある八戸工業大学を訪問しました。取材当日の3月10日は、新4生を対象とした...

2016/03/30

表彰工事現場状況を踏まえた適切な提案と半日レスポンスで利用者、発注者、受注者三方よしの成果 ~ 女性技術者登用モデル事業 ~

平成27年度国土交通省関東地方整備局の局長表彰を受けた「御前山環境整備工事」。この工事を施工された高橋建設工業株式会社の現場代理人...

2016/02/25

話題の現場『ICT現場管理ツール群』
「使えるICT」で、現場業務を効率化、仕事の質を上げる

建設技術者・熟練技能者不足が深刻化しており、ICT(Information and Communication Technology 情報通信技術)を活用した施工の効率化、品質の向上が求められ...

2016/01/28

表彰工事現場条件に応じて機械を使いこなし、
メンバー固定で3ヶ月昼夜連続工事を完遂。

平成27年度国土交通省中部地方整備局の局長表彰を受けた「平成25年度国道19号鳥居トンネル修繕工事」。この工事を施工された吉川建設株式会社...

2015/12/24

話題の現場アメリカ生まれのシステム吊り足場「クイックデッキ」
無隙間無断差で安全・快適な作業空間を提供

先日発表された厚生労働省の集計では、建設業の労働災害発生状況は前年度よりも9.7%減っているものの、相変わらず「墜落・転落」事故が全体の3分の1強を占めている...

2015/11/26

表彰工事自社で資機材を持つメリットを生かして安全に施工
追加工事も含めて厳しい工期もクリア

国土交通省四国地方整備局の局長表彰(平成26年度)を受けた「カシケ谷堰堤のり面対策工工事」。その概要は以下の通りです。...

2015/10/30

話題の現場業界初ケーブルラック制振システム『NSYS』「耐震」から「耐震+制振」へ、JECA FAIR 2015 製品コンクールで中小企業庁長官賞を受賞。

ケーブルラックとは、電力幹線や通信幹線、各種ケーブル類を整理して乗せる為の部材で、電線管工事に比べ施工性も高く、一度に大量のケーブル積載することも可能で...

2015/09/29

表彰工事実質工期が短く厳冬期という悪条件を乗り越えて品質を確保。

平成27年度国土交通省北海道開発局の局長表彰を受けた「網走川改修工事の内 本郷築堤浸透対策外工事」。この工事を施工された吉井建設株式会社の郷右近英宣社長と...

2015/08/27

話題の現場『ドボク』をキーワードに学生を獲得。充実した就職支援カリキュラムで就職率100%を実現。 ~東北工業大学 工学部 都市マネジメント学科の教育~

大学から「土木工学科」の名称が消え、現在その名称を使用している大学はわずか6大学となってしまったそうです。土木と建築の統合によるものや、『3K』と呼ばれた...

2015/07/30

表彰工事構造物は出来が外観に出る。
作業員任せにしないマネジメントが良いコンクリートを打つ秘訣。

平成26年度国土交通省近畿地方整備局の局長表彰を受けた「丹波綾部道路須知川橋下部その他工事」。この工事を受注された株式会社仁木総合建設の高橋龍さんに...

2015/06/29

話題の現場土木・建築を好きにさせる
〜徳山工業高等専門学校 土木建築工学科の教育〜

建設業界において人材確保が重要な課題となっており、様々な議論がなされています。コンコムでは読者の皆様の参考とすべく、人材を輩出されている学校関係者に...

2015/05/28

表彰工事ベテラン・若手の役割分担で
充実した施工体制と優れた工事品質を実現

平成26年度国土交通省北陸地方整備局の局長表彰を受けた「金沢港(大野地区)防波堤(西)(改良)築造工事」。その工事について、発注者である...

2015/04/23

話題の現場基礎力を鍛えて、社会の役に立つ ~足利工大 建築・社会基盤学系の教育~

建設業界において人材確保が重要な課題となっており、様々な議論がなされています。コンコムでは読者の皆様の参考とすべく、...

2015/03/30

表彰工事積極的に技術提案し難工事をクリア
錯綜する現場環境の中で、無事工期内に増築工事等を完成

平成26年度国土交通省中国地方整備局の局長表彰を受けた「厚狭税務署増築その他建築工事」。その工事について、発注者である...

2015/02/26

話題の現場現場の創意工夫で簡単な装置をつくり、作業の安全性向上と2倍の作業効率を実現 防潮堤の法面用護岸ブロックを据え付けるための専用吊具を開発

海岸を大波や高潮、津波から守る防潮堤。この防潮堤の法面保護工事では、護岸ブロックを用いる工法が一般的です。平成23年の東日本大震災に...

2015/02/05

表彰工事幹線道路の約70km、17箇所(地区)に点在する補修現場において、
徹底した安全管理で無事故を実現

平成26年度国土交通省九州地方整備局の局長表彰を受けた「名貫橋側道橋外補修工事」。今回は「補修工事」による表彰で、かつ表彰理由についても、...

2014/12/25

話題の現場作業者の負担を大幅に軽減
安全性と施工性にも優れた次世代足場「Iq(アイキュー)システム」

多くの建設現場の必需品である「足場」。日ごろ、当たり前のように何往復もしている足場に、何か不具合や不満を感じたことはないでしょうか?...

2014/11/27

表彰工事短期間で困難な作業条件下、工程管理・安全管理を工夫。
先の先を読んでリスクを回避。

平成26年度国土交通省中部地方整備局の局長表彰を受けた「平成24年度長良川穂積護岸工事」。その工事について、発注者である中部地方整備局...

2014/10/27

話題の現場地域が抱える課題への取組から生まれた新技術〜『壁基礎工法』
東北工業大学/都市マネジメント学科/今西肇研究室

今回の現場探訪では、「産学官」協働がきっかけとなって開発された新技術『壁基礎工法』の概要と、開発の核となった東北工業大学・都市マネジメント学科...

2014/09/29

話題の現場地域のニーズに産学官の連携で向き合う。
復興への課題を協働で解決する新しいカタチ~復興大学

「産学官」の協働と連携----いろんなメディアで耳にしたこともあるのではないでしょうか。文字通り、地域の企業や教育機関...

2014/09/01

話題の現場的確に現場状況を把握し、工事着手時期の遅れをフォローアップ!
創意工夫により品質向上を図った岸壁船尾部建設工事

平成26年度国土交通省北海道開発局の局長表彰を受けた「平成24年度 函館港北ふ頭地区―6.5m岸壁船尾部建設工事」。その工事について、発注者である北海道開発局函館開発建設部函館港湾...

2014/07/29

話題の現場1つの現場の声から、今や全国3000現場以上が導⼊。
現場で働く“⼈”を守る安全建設気象モバイル「KIYOMASA」

近年、ゲリラ豪⾬という⾔葉をよく⽿にするようになりました。1時間に100mmを超す局地的集中豪⾬や、それに伴う⽔害への対応は、建設業界で....

2014/06/26

表彰工事地元企業として現場の特徴を十分に把握し、
新たな課題にも適切に対応、新技術を活かし工期内に工事を完遂

平成25年度の国土交通省 東北地方整備局の局長表彰を受けた「岩木川板柳地区掘削築堤工事」。その工事について、発注者である青森河川国道事務所藤崎出張所の....

2014/05/28

表彰工事地域住民のことを第一に考え、一般車の通行・迂回案内、
路線バスの運行や周辺環境に配慮

下水道工事は地域住民に身近で生活環境向上にも直接関係する工事。平成25年度の金沢市優良工事表彰を受けた「今町地内(9工区、1-7工区)管渠築造工事(その2)」について....

2014/04/24

表彰工事高い使命感をもって工程・品質・安全管理に努め、
信楽地域の砂防事業の最後を飾るに相応しい工事を完遂

平成24年度の国土交通省 近畿地方整備局の局長表彰を受けた「西出堰堤工事」。その工事について、発注者である近畿地方整備局 琵琶湖河川事務所の....

2014/03/26

話題の現場日々の疑問をアイデアへ、そして製品に。
熟練技術者不足を解消する「法面勾配指示器」。

建設業界は永年つづいた厳しい状況から脱し、公共・民間工事ともに景気回復の兆しが見えてきました。しかしながら、次代を担う若手の建設業への入職率は....

2014/02/26

表彰工事綿密な工程管理と過去の経験を生かした工夫で工事を完遂。
周辺環境の配慮等にも積極的に取組んだ工事。

平成24年度の国土交通省 関東地方整備局の局長表彰を受けた「堀込新田地区耐震補強工事」。その工事について、発注者である関東地方整備局....

2014/01/29

話題の現場都市公園の新しいカタチ~立体都市公園『横浜市 アメリカ山公園』

先月更新の「特別レポート/都市公園整備事業の現状について」でご紹介した「立体都市公園」の事例として、みなとみらい線元町・中華街駅上部に整備....

2013/12/20

表彰工事突然の湧水発生に迅速かつ的確に対応。
隣接する同種工事の模範となった工事。

平成24年度の国土交通省 四国地方整備局の局長表彰を受けた「平成22-23年度 大和橋下部第4工事」。その工事について、発注者である...

2013/11/20

話題の現場新潟から北陸、そして全国へ アイデアを新技術へと転換したネプラス工法

先月のトピックスでも紹介しましたが、新潟県では、県内の建設企業の技術力向上と経営健全化の促進を目的に「Made in 新潟 新技術活用制度」を展開してい....

2013/10/30

表彰工事地域の特殊性を考慮した品質管理と工夫。
関連工事との緊密な調整で工程管理も万全。

平成24年度の内閣府 沖縄総合事務局の部長表彰を受けた「新石垣航空基地電気設備工事」。その工事について、発注者である沖縄総....

2013/09/20

表彰工事砂防堰堤工事に、新技術を積極的に採用。
想定外の仕様変更にも的確に対応。

平成24年度の国土交通省 北陸地方整備局の局長表彰を受けた「奥ノ院砂防堰堤工事」。その工事について、発注者である北陸地方整備局 飯豊山系砂防事務所の川村修蔵副所長、酒井優工務課長、当工....

2013/08/20

話題の現場独立行政法人 土木研究所『寒地土木研究所』と
『表面含浸工法によるコンクリートの耐久性向上技術』

寒地土木研究所は、寒地土木技術に関する研究開発、技術指導、成果の普及等を通じて、土木技術の向上を図り、良質な社会資....

2013/07/19

表彰工事施設使用者の業務に配慮しながら、厳格な工程管理が要求される工事。

平成23年度の国土交通省 九州地方整備局の局長表彰を受けた「佐賀第2合同庁舎建築改修工事」。その工事について、発注者である....

2013/06/20

表彰工事東京都市計画道路環状第2号線整備に伴う首都高速八重洲線高架橋(約34m)の一括架設工事について

1964年の東京オリンピック開催に合わせるべく急速に整備された首都高速は、供用後50年を経る区間も多く、また交通量が当初の予想を超えて増大し、過積載車両の通行も跡を絶たないことから、高齢化した区間の....

2013/05/20

表彰工事工程管理に工夫。出来形、品質管理にも好影響。

平成23年度の国土交通省 中国地方整備局の局長表彰を受けた「中山名和道路中山高架橋他工事」。その工事について、発注者の倉吉河川国道事務所の....

2013/04/22

建設ツール建設関連設備リポート「簡易トイレ」

建設現場では、さまざまな簡易設備は設置されています。その代表的なものが「簡易トイレ」です。簡易トイレは、イベント会場や被災地など建設現場以外の利用も多く、非常に需要が高い設備になっています。建設技術者にとっても欠かせないものの一つですが、その機能に...

2013/03/21

表彰工事コミュニケーションの徹底で、地域住民の理解を得る。

平成23年度の国土交通省 中部地方整備局の局長表彰を受けた「平成22年度 23号東築地地区環境施設帯設置工事」。その工事について、発注者の名古屋国道事務所の中村和輝副所長、施工者である...

2013/02/21

建設ツール建設・配管用工具工場見学

建設現場で職人さんの技術を支える「工具」の製造工場を紹介します。工具といってもその大きさや使用シーンなどは様々ですが、今回紹介する㈱松阪鉄工所(以下MCC)さんが製造するのは、鉄筋を切ったり曲げたり、配管の継手を締めたり、樹脂のパイプを切ったりする作業用工具です。...

2013/01/21

表彰工事優良工事受賞理由は、出来映えの良さと住民との関係づくり。

優れた工事として国土交通省 関東地方整備局局長表彰を受けた「平成22年の桐生管内法面補修工事」。なぜ、この工事が優良工事として選出されたのか、発注者である渡良瀬川河川事務所の藤井副所長、施工者...