ConCom 会員ログイン

ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場探訪 優れた工事成績評定の現場、話題の新技術、人材確保に役立つ情報をレポート

木学会が平成12年に設立した認定制度──『土木学会選奨土木遺産』。顕彰を通じて歴史的土木構造物の保存に資することを目的に、400を超える構造物が認定されています。(9/26現在)
コンコムでは、たくさんの土木遺産の中から、最寄り駅から歩いて行ける土木遺産をピックアップし、「土木遺産を訪ねて─歩いて学ぶ歴史的構造物─」を不定期連載します。構造物までの道程、周辺の見どころ等、参考になれば幸いです。
みなさんも旅のついでに少しだけ足を延ばして、日本の土木技術の歴史にふれてみてはいかがでしょうか。

File 09

【名古屋市旧第一ポンプ所と東山給水塔/愛知県名古屋市】

認定年平成23年度(2011年度)
所在地愛知県名古屋市千種区
竣工旧第一ポンプ所/大正3年(1914年)
東山給水塔/昭和5年(1930年)
名古屋市旧第一ポンプ所 東山給水塔
  • Start

    写真1)地下鉄「覚王山」駅

    写真1)地下鉄「覚王山」駅

    写真2)覚王山通り

    写真2)覚王山通り

    今回の歩いて学ぶ土木遺産は愛知県名古屋市にある「名古屋市旧第一ポンプ所と東山給水塔」です。出発地点は名古屋市営地下鉄東山線「覚王山」駅。名古屋でも有数の高級住宅地として知られる街です。覚王山の「覚王」とは仏陀の尊称で、日本で唯一お釈迦さまの遺骨が眠るお寺「覚王山日泰寺」の山号からきています。
    まずは日泰寺の参道である覚王山通りを北に進みます。覚王山通りは旅館や畳店など昔ながらの佇まいのお店と、お洒落なショップが混在する商店街となっており、ついつい寄り道をしたくなってしまいます。

  • Point 1

    写真3)覚王山 日泰寺

    写真3)覚王山 日泰寺

    写真4)揚輝荘 聴松閣

    写真4)揚輝荘 聴松閣

    覚王山通りを500m程歩くと「日泰寺」に着きます。「日泰寺」はいずれの宗派にも属さない日本の全仏教徒のための寺院で、運営は各宗派の管長が3年交代で住職をつとめるという珍しいお寺です。1904年(明治37年)にタイ国(当時のシャム国)より寄贈されたお釈迦さまの遺骨を奉安するために建立されました。本堂や五重塔などは比較的最近建てられたものですが、文化財に指定された大書院や茶室などの建築物も楽しめます。
    日泰寺の正門を出て東側へ進むと「揚輝荘」の入口が現れます。「揚輝荘」は松坂屋の初代社長である伊藤祐民により建設された別荘で、聴松閣など大正から昭和初期にかけて建築された建物が現存しており、庭園も楽しむことができます

  • Point 2

    日泰寺、揚輝荘を散策したのち、東側の県道関田名古屋線に入り、北へ向かって歩くと、左手に1つ目の土木遺産『東山給水塔』が見えてきます。『東山給水塔』は、昭和5年(1930年)に覚王山地区一帯の高台への配水を目的として建てられ、建設当時は「東山配水塔」と呼ばれていました。老朽化のため、昭和48年(1973年)にその役目を終えましたが、昭和54年(1979年)より災害対策用に『東山給水塔』として活用されることになりました。塔最上部のタンクには約300m3の飲料水が貯水され、万が一に備えています。残念ながら普段は公開されておらず、毎年春分の日と8月の一般公開日のみ見学が可能です。巨大な塔は遠目から見ても圧巻ですので、機会があればぜひ見学をしてみてください。

    写真5)東山給水塔(県道関田名古屋線より)

    写真5)東山給水塔(県道関田名古屋線より)

  • Point 3

    写真6)水の歴史資料館

    写真6)水の歴史資料館

    写真7)水の歴史資料館で配布されているマンホールカード

    写真7)水の歴史資料館で配布されているマンホールカード

    県道関田名古屋線を北に歩くと、右手に名古屋市上下水道局の運営する「水の歴史資料館」が見えてきます。「水の歴史資料館」は、名古屋の上下水道事業100周年を記念して2014年に開館したもので、歴代のマンホール蓋や明治時代の水道管などが展示され、上下水道事業の歴史や防災について学ぶことができます。受付では人気のマンホールカードの配布も行っていますので訪れてみてください。

  • Goal

    水の歴史資料館を出ると、県道関田名古屋線に沿うようにして北へ延びる天満緑道があります。天満緑道は、名古屋三大天神の一つ上野天満宮へ通じる緑道ですが、名古屋市で最初につくられた浄水場である「鍋屋上野浄水場」まで続く水のプロムナードとしても整備されています。途中に展示されている古いY字管などを見学しながら緑道をのんびり10分ほど歩き、公園として整備されている「水の小径」を抜けた歩道橋を渡ると「鍋屋上野浄水場」に着きます。写真手前の建物が2つ目の土木遺産『旧第一ポンプ所』です。大正3年(1914年)に完成した『旧第一ポンプ所』は、平成4年(1992年)まで、浄水場で作られた水道水を東山配水場へ送ってきました。レンガ造り・天然スレート葺き切妻屋根の建物で、平成26年(2014年)に建設当時のように復元され、耐震補強工事も行われました。(名古屋市上下水道局ホームページより)。

    写真8)鍋屋上野浄水場にある旧第一ポンプ所

    写真8)鍋屋上野浄水場にある旧第一ポンプ所

Topics

鍋屋上野浄水場の最寄り駅は、名古屋市営地下鉄名城線「砂田橋」駅か「茶屋ヶ坂」駅になりますが、せっかくなのでナゴヤドームに寄り道し、「ナゴヤドーム前矢田」駅から帰路につきました。
今回は上下水道インフラに関する土木遺産を訪問しました。土木遺産は残念ながら間近で見ることはできませんでしたが、歩道沿いの擁壁に展示された上下水道の歴史に関するパネルや、緑道途中のY字管など、生活に欠かすことのできないインフラを市民に紹介する名古屋市の取組みは素晴らしいと思いました。土木遺産の一般公開日の他、毎月21日には日泰寺の縁日もあるので、訪れる際は確認することをお勧めします。

Album

  • 天満緑道

    天満緑道

  • Y字管

    Y字管

  • 歩道でのパネル展示1

    歩道でのパネル展示1

  • 歩道でのパネル展示2

    歩道でのパネル展示2

  • 水の歴史プロムナード案内板

    水の歴史プロムナード案内板

  • ナゴヤドーム

    ナゴヤドーム

  •     

Map

地理院地図をもとにCONCOM事務局にて作成

詳細地図(出典:国土地理院)

【今回歩いた距離:約4.0km 覚王山駅~日泰寺~東山給水塔~鍋屋上野浄水場~ナゴヤドーム前矢田駅】

関連記事

2019/01/30

土木遺産を訪ねて/File 11 長生橋/新潟県長岡市

今回の歩いて学ぶ土木遺産は、長岡駅から土木遺産「長生橋(ちょうせいばし)」をめざす行程です。出発地点はJR長岡駅中央口。長岡駅は長岡城の本丸があった場所に...

2019/12/25

土木遺産を訪ねて/File 10 被爆に耐えた装飾的橋梁―猿猴橋・京橋、京橋川の雁木群/広島県広島市

今回の歩いて学ぶ土木遺産は、広島駅から土木遺産「猿猴橋(えんこうばし)」、世界遺産「原爆ドーム」等を探訪し、土木遺産「京橋川の雁木群」「京橋」をめぐる遺産...

2019/10/30

土木遺産を訪ねて/File 09 名古屋市旧第一ポンプ所と東山給水塔/愛知県名古屋市

今回の歩いて学ぶ土木遺産は愛知県名古屋市にある「名古屋市旧第一ポンプ所と東山給水塔」です。出発地点は名古屋市営地下鉄東山線「覚王山」駅。名古屋でも有数の...

新着記事

現場の失敗と対策

2020/03/30
コンクリート工事/4)打設準備(型枠・鉄筋組立等) 壁の打継目に段差

現場の失敗と対策

2020/03/30
コンクリート工事/1)打設中(コンクリートの特性とクラック) 竣工後にボックスカルバートの頂版にひび割れが発生!

現場の失敗と対策 コラム

2020/03/30
コンクリート打継目のトラブル事例と施工時の留意点

現場探訪

2020/03/30

フルICTの活用で、局長表彰と「i-Con大賞」をW受賞。全社一丸で「i-Construction」へ取り組む。

今回から「現場探訪」に新しいジャンル「現場探訪/ICTの現場」がスタートします。今や多くの現場で推進されている「i-Construction」。中でも「ICT」を活用した施工は、首都圏の...

トピックス

2020/03/30

土木学会CPD認定eラーニング 無料オンライン講座「土木情報学入門」再開講

土木学会で昨年実施された、無料オンライン講座「土木情報学入門」が再開講されることになりました。土木情報学とは、土木工学の分野で取り扱われている各種の...