トピックス 建設業界で話題の出来事をConCom独自の視点でご紹介

2023/04/03

『水と生きる建築土木遺産』

『水と生きる建築土木遺産』

著者/後藤治 二村悟
写真/小野吉彦
出版社/株式会社彰国社
発行日/2016年6月10日
ISBN/9784395320639
定価/2,300円+税

水辺に建てられた建築物や土木構造物にスポットを当てた本書。
本書は、(一財)全国建設研修センター発行の機関誌「国づくりと研修」の「近代土木遺産の保存と活用」などのコーナーで筆者が紹介した土木遺産を中心に、全国に点在する、「水」に係わる様々な建築土木遺産を、筆者の感性でピックアップし、その歴史や技術、そして現代における役割について解説しています。
例えば、暴れ川であった日川の中流域の山梨県甲州市勝沼町に造られた「勝沼堰堤」(大正6年竣工)。日川の氾濫によって、ぶどう畑が浸水し、大被害になることがしばしばあったことから、日川水制群とともに多数建設された砂防堰堤の一つで、平成9年に国の登録有形文化財に指定されています。「勝沼堰堤」は、川の蛇行点を堰堤で締め切るとともに、堰堤左岸側にある岩盤を低く削り落としてその上をショートカットした川の水が滝のように流れ落ちる構造となっており、周囲の自然とマッチした美しい景観を創り出しています。現在町内に広がる豊かなぶどう畑は、これらの砂防施設の恩恵を受けつつ、我が国有数のワイン生産量を誇っています。
本書はそのほか、伝統的な消防水利の確保に取り組んでいる世界遺産「白川郷」など、建築土木遺産が54事例も掲載されており、建築物や土木構造物に興味がある人はもちろん、文化や歴史に関心がある人にも役立つ貴重な一冊です。

新着記事

現場探訪

2024/04/01

島根県の建設業の未来を創る。担い手確保と育成へ向けた、島根県土木部の取り組み。

日本における少子高齢化は、統計上も今後もさらに加速することが予想されており、これに伴う生産年齢人口の減少も、今後ますます...

現場の失敗と対策

2024/04/01
コンクリート工事 4)打設準備(型枠・鉄筋組立・その他) 水中コンクリートの打込み中に型枠がはらみ出し!

現場の失敗と対策

2024/04/01
コンクリート工事 4)打設準備(型枠・鉄筋組立・その他) 中掘り拡大根固め工法での既製コンクリート杭の低止まり

今月の一冊

2024/04/01

『現場代理人の育成ガイドブック【知識と実践】』

現場代理人の〝腕〟次第で、工事の生産性や安全性だけでなく、企業の利益や信用にも影響がおよぶ。だからこそ、現場代理人の確保と育成は、建設会社の発展のための...

建設ディレクター

2024/04/01

現場をバックオフィスで支える“救世主”~第一回 建設ディレクター協会・新井恭子理事長

罰則付き時間外労働の上限規制の適用が、建設業にも開始されました。まだ長時間労働の削減に取り組めずにいるのであれば、...

トピックス

2024/04/01

建設業の働き方改革に向けた近畿地方整備局の取り組み ~「受発注者コミュニケーションガイド」等の作成~

国土交通省近畿地方整備局は、今年(2024年)4月から「罰則付き時間外労働の上限規制」が適用されることを踏まえ、働き方の改革を促進するための「土木工事書類作成スリム化ガイド」...