トピックス 建設業界で話題の出来事をConCom独自の視点でご紹介

2023/11/01

『全建の改正労働基準法Q&A100』~2024年 時間外労働の上限規制対応

『全建の改正労働基準法Q&A100』~2024年 時間外労働の上限規制対応

編集・発行/一般社団法人全国建設業協会
発行日/2023年8月
頒布価格/1,100円(税込)(A5版 2色刷 194ページ)

2019年4月から順次施行されている改正労働基準法。2023年4月には、時間外労働の割増賃金率の変更等が施行され、雇用者・労働者ともに、大きな変革を求められました。さらに、2024年4月からは、5年間の猶予期間が終わり、建設業にも「罰則付き時間外労働の上限規制」の適用が開始されます。
本著は、一般社団法人 全国建設業協会が2021年度より進めている時間外労働削減への取り組み「2+360(ツープラスサンロクマル)運動(週休2日の導入促進と36協定の年間時間外労働の上限を原則360時間以下とする運動)」の一環として、改正労働基準法の内容を、100の一問一答型式でわかりやすく取りまとめた一冊です。特に時間外労働の上限規制への対応に関連するQ&Aは、現在、各企業で進めている時間外労働削減の取り組みのヒントになる解説が掲載されています。
例えば『Q:「法定労働時間」と「所定労働時間」の違いはどのようなことですか』といった基本的なことから、『Q:除雪業務を行う際、従業員を事業場または自宅に待機させることがありますが、この待機時間は、労働時間にあたりますか』といった具体のケースでの考え方等、建設業に携わる方々が知っておくべき重要な内容が取り上げられています。
現在、時間外労働の削減に向けて取り組んでいる企業の担当者はもちろん、現場を監理する技術者のみなさんにも役立つ一冊といえます。
購入は一般社団法人 全国建設業協会サイトより。

なお、コンコムでも、今年5月より、社会保険労務士の寄稿による「建設業の働き方改革~時間外労働の削減に向けて」と題したコンテンツを展開しています。そちらも合わせてご覧ください。

新着記事

現場探訪

2024/04/01

島根県の建設業の未来を創る。担い手確保と育成へ向けた、島根県土木部の取り組み。

日本における少子高齢化は、統計上も今後もさらに加速することが予想されており、これに伴う生産年齢人口の減少も、今後ますます...

現場の失敗と対策

2024/04/01
コンクリート工事 4)打設準備(型枠・鉄筋組立・その他) 水中コンクリートの打込み中に型枠がはらみ出し!

現場の失敗と対策

2024/04/01
コンクリート工事 4)打設準備(型枠・鉄筋組立・その他) 中掘り拡大根固め工法での既製コンクリート杭の低止まり

今月の一冊

2024/04/01

『現場代理人の育成ガイドブック【知識と実践】』

現場代理人の〝腕〟次第で、工事の生産性や安全性だけでなく、企業の利益や信用にも影響がおよぶ。だからこそ、現場代理人の確保と育成は、建設会社の発展のための...

建設ディレクター

2024/04/01

現場をバックオフィスで支える“救世主”~第一回 建設ディレクター協会・新井恭子理事長

罰則付き時間外労働の上限規制の適用が、建設業にも開始されました。まだ長時間労働の削減に取り組めずにいるのであれば、...

トピックス

2024/04/01

建設業の働き方改革に向けた近畿地方整備局の取り組み ~「受発注者コミュニケーションガイド」等の作成~

国土交通省近畿地方整備局は、今年(2024年)4月から「罰則付き時間外労働の上限規制」が適用されることを踏まえ、働き方の改革を促進するための「土木工事書類作成スリム化ガイド」...