トピックス 建設業界で話題の出来事をConCom独自の視点でご紹介

2023/12/01

『マダム、これが俺たちのメトロだ!インドで地下鉄整備に挑む女性土木技術者の奮闘記』

『マダム、これが俺たちのメトロだ!インドで地下鉄整備に挑む女性土木技術者の奮闘記』

(表紙画像は出版社ホームページより)

発行/佐伯印刷株式会社出版事業部(現・株式会社佐伯コミュニケーションズ)
著者/阿部玲子
発行日/2018年3月
価格/本体1,500円+税
ISBN/978-4905428831

「けんせつ小町」「ドボジョ」―――。日本の建設業でも、女性活躍の場が広がりつつある。国内でさえまだ女性進出が珍しかったころ、すでに海外で土木技術者として活躍した女性がいた。当著は、日本のODA(政府開発援助)によるインド初の地下鉄「デリーメトロ」整備に、2007年からトンネルエキスパートとして指揮を執った唯一の女性土木技術者「マダム・アベ」こと、阿部玲子氏の奮闘記である。
著者は、地元・山口の海底を貫く関門海峡トンネルのスケールに圧倒され、幼少期から「大きなものを作りたい」と土木工学の道を志した。「女性だから」という偏見や〝見えないバリア〟に屈することなく、土木技術者として活躍の場を求め、海外留学、ゼネコンから建設コンサルタントへ転職。メトロ整備には知見やノウハウをもたない事業主に代わり、入札書類の準備から契約、施工監理、運営・維持管理、品質・安全管理に至るまで各工程を統括するエキスパートの一人としてのぞんだ。
読みどころの一つが、安全管理への対応だ。現地では作業員がヘルメットや安全靴すら装着しないこともあり「日本での当たり前が当たり前でなかった」というが、その現地の人々に〝日本流〟の安全管理を根付かせるべく、安全、環境対策を自ら提案。人脈をフル活用して解決に挑む姿が頼もしい。
「一人でも多くの若者に同じ道を志してほしい」との思いから、自身が入職して土木エンジニアとして独り立ちするまでの軌跡、紆余曲折も盛り込んだ。タイトルには、「現地のタクシー運転手が誇らしげに話してくれた、最もうれしかった言葉を選んだ」と振り返る。国際協力に関心のある方、土木分野を志す女性必読の一冊。

新着記事

コラム

2024/03/01
杭の支持層確認のための地盤調査のながれ

現場探訪

2024/03/01

「史跡」及び「名勝」嵐山における可動式止水壁による左岸溢水対策 全建賞・グッドデザイン賞・土木学会デザイン賞を受賞

今回の現場探訪(話題の現場)は、令和5年度において、令和4年度全建賞((一社)全日本建設技術協会))、グッドデザイン賞2023...

今月の一冊

2024/03/01

『ドボク模型 大人にも子どもにも伝わる最強のプレゼンモデル』

地滑りはなぜ起きるのか。落石をどう防いでいるのか――。安全で快適な暮らしを支える土木は、の実態がほとんど知られておらず、よく分からないから人気もない。...

働き方改革

2024/03/01

【建設業の働き方改革~第十一回】働き方改革の最終ステップ

罰則付き時間外労働の上限規制が適用されるまで、あとわずかとなりました。今回は最終回となりますが、準備はいかが...

トピックス

2024/03/01

第11回BIM/CIM推進委員会を開催 ~3次元モデルの標準化を目指す取り組み~

国土交通省では、BIM/CIM の施策を進めていくことを目的に、関係団体が一体となり BIM/CIM の推進および普及に関する目標や方針について検討を行うBIM/CIM推進委員会...