トピックス 建設業界で話題の出来事をConCom独自の視点でご紹介

2024/05/01

『トコトンやさしい 土木施工の本』

『現場代理人の育成ガイドブック【知識と実践】』

(表紙画像は出版社ホームページより)

発行/日刊工業新聞社
著者/溝渕利明
発行日/2024年1月
価格/本体1,980円(税込み)
ISBN/9784526083181

土木工事の施工方法は、安全性はもちろんのこと工事費や工期だけでなく、構造形式、材料、環境条件など、さまざまな要因によって変わる。本書は、そうした施工方法を変化させる要因に着目し、「~によって施工が変わる」をキーワードに章立てした。土木施工を扱う書籍は数多くあるが、こうした切り口で解説しているものは珍しい。各章で取り上げた要因がもたらす変化を徹底的にかみ砕いて説明し、イラストでわかりやすく紹介することで、どの部分からでも気軽に読める1冊だ。
特に第7章「データで施工が変わる」では、国土交通省が推進するi―ConstructionやBIM/CIMなどのデジタルデータを活用した建設生産システムを紹介。この中で、ドローンやレーザースキャナーで行う点群測量、3次元設計モデル、ICT建機などの新技術のポイントを解説するとともに、関係者間の情報共有の効率化・高度化、施工の自動化などの具体的なメリットを紹介する。さらには現場で得られるデータとIoT、AI、ロボットなどの最先端の技術が融合した建設生産システムの将来を展望している。
コンクリートの専門家で、大手ゼネコンにも勤務した著者だからこその、土木施工に影響を与えた偉人を紹介するコラムも見どころだ。最終章「土木施工は日々進化していく」まで読み通すと、最後のフロンティアとされる深海や、宇宙での建設施工へと土木技術が活躍できるステージがひろがり、目の前に、新たな可能性が広がっていることを実感する。

新着記事

土木遺産を訪ねて

2024/06/03

File 36 滝宮橋

今回の歩いて学ぶ土木遺産は、香川県のほぼ真ん中に位置する綾川町の滝宮橋です。滝宮橋の最寄り駅は、高松琴平電鉄琴平線の滝宮駅で、今回の行程はここをStartとします。琴平...

コラム

2024/06/03
土質安定処理について考える

建設ディレクター

2024/06/03

「建設ディレクター課」を創設/ベテラン技術者の、技能労働者への配置転換求める声がきっかけ/海老根建設

建設現場でASP(情報共有システム)や遠隔臨場などICT関連の新しい取り組みが活発になる一方、それに戸惑いを感じる技術者も少なくない...

トピックス

2024/06/03

「i-Construction」の取り組みを加速 ~国土交通省~

国土交通省では、建設現場の生産性向上を図るため、2016年度(平成28年度)よりICT施工をはじめとする「i-Construction」の取り組みを進めてきました...

今月の一冊

2024/06/03

『建設業界の仕組みと労務管理』

建設業の仕組み、実態を踏まえた上で、時間外労働を削減していくために必要な労務管理の全体像をわかりやすくまとめた本書。著者は、建設業界に通じた社会保険労務士...

現場の失敗と対策

2024/06/03
土工事 2)盛土・軟弱地盤 配筋ミスをした擁壁に対する対策