土木遺産を訪ねて 最寄り駅から歩いて行ける土木学会選奨土木遺産を紹介。周辺の見どころ等、旅の参考にしてください。

木学会が平成12年に設立した認定制度──『土木学会選奨土木遺産』。顕彰を通じて歴史的土木構造物の保存に資することを目的に、すでに400を超える構造物が認定されています。
コンコムでは、たくさんの土木遺産の中から、最寄り駅から歩いて行ける土木遺産をピックアップし、「土木遺産を訪ねて─歩いて学ぶ歴史的構造物─」を不定期連載します。駅から歴史的土木構造物までの道程、周辺の見どころ等、参考になれば幸いです。
みなさんも旅のついでに少しだけ足を延ばして、日本の土木技術の歴史にふれてみてはいかがでしょうか。

File 15

【猿島要塞/神奈川県横須賀市】

猿島要塞
認定年平成12年度(2000年度)
所在地神奈川県横須賀市
竣工明治17年(1884年)
猿島要塞

Start

今回の歩いて学ぶ土木遺産は、JR横須賀線横須賀駅から土木遺産「猿島要塞」へ向かう行程です。「猿島」へ渡るフェリー乗り場である「三笠ターミナル」へは、京浜急行線横須賀中央駅が最寄りですが、途中の散策スポットと、何より駅舎が切妻屋根を施した貴重な木建造物であることから、横須賀駅をスタート地点にしました。初代横須賀駅舎は明治26年に建てられ、大正3年に改修されました。現在の駅舎は、この大正3年時の改修の面影を残し、昭和15年に新築されたものです。余談ですが、JR横須賀駅はホームから改札まで段差のないバリアフリー仕様となっています。その理由は、軍事施設への物資の運搬の為、皇族列車の乗降の為といった説があります。
※切妻屋根:日本の屋根の半数近くを占める屋根で、シンプルな構造のため施工がしやすく、雨漏りにも強いのが特長。

写真1)JR横須賀駅舎

写真1)JR横須賀駅舎

Point 1

写真2)ヴェルニー記念館

写真2)ヴェルニー記念館

駅前から港を眺めると、整備された公園が海沿いに広がっています。「ヴェルニー公園」です。フランスの庭園様式を採り入れたこの公園は、バラの名所としても有名で、毎年多くの人々が訪れています。公園の入口には、「ヴェルニー記念館(入館無料)」があります。公園の名前にもなっている『ヴェルニー』は、江戸時代末期に日本に招かれた外国人技術者の一人でした。開国直後の幕府は、海軍力と工業力の強化を進める中、横須賀に製鉄所を建設することを決め、フランス海軍の技術者であったヴェルニーが招聘され、製鉄所の所長に就任しました。記念館には、日本の造船技術の発展を支えた『スチームハンマー』が展示されています。『スチームハンマー』とは蒸気を動力とした鍛造作業を行う工作機械で、展示されている『スチームハンマー』は日本に現存する最古のもののひとつで、国指定重要文化財に指定されています。

公園の中央には、ヴェルニーとともに横須賀製鉄所の建設を推進するなど幕末に活躍した小栗忠順(おぐりただまさ)の銅像がヴェルニー像と並んで設置されています。銅像の前からは、運が良ければ、アメリカ海軍や海上自衛隊の艦艇を見ることができるかもしれません。この日は、正面のドックに潜水艦が係留されていました。
公園を抜けると、ベイサイドのショッピングモールがあります。ここはアメリカ海軍や海上自衛隊の艦艇を船上から間近に見られる『YOKOSUKA軍港めぐり(乗船料/大人1,600円)』の船の発着場にもなっています。

写真3)潜水艦

写真3)潜水艦

Point 2

写真4)ドブ板通りのプレート

写真4)ドブ板通りのプレート

ショッピングモールを抜け、国道16号を渡り東へ進みます。横須賀芸術劇場を越え、50mほど進んで右折、左手に賑やかな商店街が見えます。ここが「ドブ板通り」です。ミリタリーグッズやスカジャン、アメリカン雑貨を扱うショップが軒を連ね、有名なハンバーガーショップには、米軍関係者とみられる方も並んでいました。まさに横須賀にあるアメリカといった風景です。時間があればここでショッピングや昼食を済ませたいところですが、今日は雰囲気だけ味わって次のポイントをめざします。

Point 3

「ドブ板通り」を抜けて、再び国道16号に出ます。正面には「三笠公園」の大きなアーチが架かっています。在日米海軍施設の入口を横目に右折すると、歩道が「三笠公園」に続いています。500mほどで「三笠公園」に到着です。「三笠公園」は、『水と光と音」をテーマに造られた公園で、『日本の都市公園100選』『日本の歴史公園100選』にも選ばれています。入口正面には、明治38年(1905年)、日露戦争の日本海海戦でバルチック艦隊を撃破した東郷平八郎司令長官の銅像があり、銅像の後方には、『世界三大記念艦』のひとつ『三笠』が保存展示されています。『三笠』には乗艦して見学することもでき (有料)、艦内には旧海軍の軍服や装備、日露戦争に関する資料が展示されています。明治以降、日本では多くの軍艦が建造されましたが、現存する軍艦は『三笠』だけとのことです。ちなみに『世界三大記念艦』とは、『三笠』『ヴィクトリー号(英国)』『コンスティテューション号(米国)』です。

写真5)東郷平八郎の銅像と戦艦三笠

写真5)東郷平八郎の銅像と戦艦三笠

写真6)フェリー乗り場

写真6)フェリー乗り場

『三笠』の船尾側から、今回の目的地である「猿島」に渡るフェリーのチケット売場でもある『三笠ターミナル・ビジターセンター』へ抜けることができます。猿島への乗船時間は約15分ですが、一時間おきの出発ですので、周辺散策の時間を調整しておく必要がありそうです。「猿島」へは、乗船料が往復1,400円、入園料が200円(ともに大人・税込)かかります。

Goal

フェリーを降りて桟橋を渡れば、今回の探訪のゴールとなる「猿島」に上陸。しかし、今回の『土木遺産を訪ねて』は、ここからが学びの始まりとも言えます。周囲約1.6kmの猿島は、「猿島要塞」として土木学会選奨土木遺産に認定されているだけでなく、島のあちらこちらに貴重な史跡が残されています。少し時間をかけてゆっくりと散策してみましょう。

写真7)猿島(フェリーから)

写真7)猿島(フェリーから)

まずは「猿島」の紹介から。横須賀沖1.7kmにあるこの島は、標高約40m、周囲約1.6km、東西約200m、南北約450m、面積約55,000 k㎡の無人島。東京湾に浮かぶ唯一の自然島で、「猿島」という名前の由来は、建長5年(1253年)、日蓮上人の乗る船が嵐に遭い、この島に漂着した際に、白猿が現れて嵐をさけるように洞窟へ案内したことによると言われています。この時の洞窟は、今も『日蓮洞窟』として残っています。

写真8)ウェルカムセンターと裏手の電気燈機関舎

写真8)ウェルカムセンターと裏手の電気燈機関舎

島に上陸したらまず、『ウェルカムセンター』を訪れてください。島内のみどころを約30分で案内してくれるガイドツアーもここで申し込めます。みなさんに見て欲しいのは、このセンターの2階です。ここに土木学会選奨土木遺産の認定銘板が展示されています。また、センターの裏手には、現存する最古級の火力発電所、『電気燈機関舎』があります。

写真9)兵舎

写真9)兵舎

センターの脇の坂道を上り、時計回りに島内を探索します。『猿島要塞』と呼ばれるだけあって、散策というよりも探索といった趣です。緑が茂った切通しの左右には、レンガ造りの兵舎や弾薬庫、トイレがあります。しかしこれらのレンガ造りの建物、よく見るとレンガの積み方が微妙に違っています。写真9)と写真10)はそれぞれ兵舎とトイレですが、積み方の違いがわかりますか?図1で比べてみてください。写真9)の兵舎は『フランス積み』、写真10)のトイレは『イギリス積み』によるものです。なぜ積み方が違うのでしょうか?それは、それぞれの施設が建てられた時代によるものだそうで、明治10年代までは『フランス積み』が採用され、明治20年代以降は『イギリス積み』が主流となったからです。猿島が要塞として竣工したのは明治17年(1884年)ですから、竣工時のレンガ建造物は『フランス積み』、それ以降に増築・改築されたものは『イギリス積み』、レンガの積み方で建造時期がわかるというわけです。ちなみに『フランス積み』のレンガ建造物はもともと数が少なく、「猿島要塞」を含めて全国に4件しか確認されていません。

写真10)トイレ

写真10)トイレ

図1)レンガの積み方

図1)レンガの積み方

※フランス積み:レンガの長手と小口を交互に積む方式
※イギリス積み:レンガを長手だけの段と小口だけの段を一段おきに積む方式

写真11)アーチ式トンネル

写真11)アーチ式トンネル

レンガの建造物が並ぶ切通しを抜けると、正面にレンガ造りのアーチ式トンネル(隧道)が現れます。トンネルの幅は4m、高さは4.3m、長さは約90mです。このレンガも『フランス積み』です。トンネル内はほとんど照明がなく、薄暗いため、カップルで訪れると自然と手をつないでしまうことから、別名『愛のトンネル』とも呼ばれているそうです。隣でカップルを案内していたガイドさんの話ですが。。。

写真12)砲台跡(8cm単装高角砲)

写真12)砲台跡(8cm単装高角砲)

トンネルを抜ければ、探索の折り返しです。元弾薬庫の短いトンネルをくぐるとコンクリート製の砲座が見えてきます。展示されている銘板によれば、この「猿島」には江戸時代から「台場(砲台)」が建設されていたそうです。やがて明治時代中期になり、東京湾の守りを固めるため、陸軍が要塞を建設し、敵国の戦艦を迎え撃てるよう、フランス製のカノン砲など6門の大砲が整備されました。大正時代になると、大砲の進化と関東大震災の影響などで砲台の見直しがされ、猿島は陸軍の砲台から廃止されましたが、その後海軍が所管し、昭和11年に防空のため8cm単装高角砲4門が、昭和19年に第二次世界大戦の激化により12.7cm連装高角砲2門が配備されました。現在見ることができる砲座跡はこの時のものです。明治時代の砲座は全て埋没しています。この辺りから、『日蓮洞窟』に降りることができるのですが、令和元年の台風19号による被害で、現在は進入禁止となっていました。

写真13)展望台

写真13)展望台

砲台跡を後にし、島の一番高い場所、『展望台広場』に向かいます。広場からは、横須賀の街並みや晴れた日には遠く富士山も眺められます。残念ですが展望台は老朽化のため内部への立ち入りはできませんでした。ちなみにこの展望台は、昭和の変身ヒーローの撮影でも使用されたことで有名です。『展望台広場』を出て、下ったところで出発地点の『ウェルカムセンター』に戻ります。島内をぐるりと周っても1km足らずですが、アップダウンや長い階段もあり、なかなかハードな探索でした。

Topics

今回の探訪は、初めて船(フェリー)に乗っての探訪となりました。「猿島」はわずか15分程度で行ける距離にあるにも関わらず、自然と遺産の両方を楽しむことができる島でした。夏には海水浴や釣り、BBQを楽しむ人で賑わうそうです。また、横須賀には、この「猿島」以外にも、「走水 (はしりみず) 低砲台跡」、「千代ケ崎(ちよがさき)砲台跡」があり、貴重な軍事遺産がたくさんあります。一日横須賀観光の時間が取れる方は、グルメや街歩きと併せて、ぜひこうした歴史的遺産にも訪れてみてください。

Album

  • ヴェルニー公園案内板

    ヴェルニー公園案内板

  • スチームハンマー

    スチームハンマー

  • 小栗忠順とヴェルニーの銅像

    小栗忠順とヴェルニーの銅像

  • YOKOSUKA軍港めぐり

    YOKOSUKA軍港めぐり

  • 三笠公園アーチ

    三笠公園アーチ

  • 記念艦三笠

    記念艦三笠

  • 三笠ターミナル

    三笠ターミナル

  • ウェルカムセンター展示室

    ウェルカムセンター展示室

  • 通称:愛のトンネル

    通称:愛のトンネル

Map

地図

地理院地図をもとに当財団にて作成

【今回歩いた距離:約3.0km(島内探索含) JR横須賀駅~ヴェルニー公園~ドブ板通り~三笠公園~猿島】

新着記事

トピックス

2022/05/09

『生産性向上、働き方改革に向けた地域建設業の取り組み』に関する調査研究~生産性向上編~

コンコムを運営している一般財団法人 建設業技術者センターでは、良質な社会資本整備の前提条件である建設技術者の確保・育成に寄与することを目的に、建設技術者及び建設工事の施工管理に関する...

現場の失敗と対策

2022/05/09
基礎工事 2)その他の場所打杭 拡径アースドリル杭の夏季施工における杭頭断面欠損

今月の一冊

2022/05/09

『いいね!建設産業 本当の魅力』

建設産業の魅力を感じ、建設産業を志してもらいたいという思いからつくられた本書。第1章から第4章までの「技術・プロジェクト編」では、道路・橋・ダムといった今の暮らしを...

今月の一冊

2022/05/09

『土木技術者になるには』

ぺりかん社の「なるにはシリーズ」の157巻。著者の三上美絵氏は、大成建設株式会社の広報部出身のフリーライターで、土木学会の広報戦略会議の委員を務めるなど、土木の魅力を...