ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

現場の失敗と対策 このコンテンツは現場で働く皆さんの参考としていただきたくよう、実際の施工にあたっての失敗事例と対策を記載したものです。土工事、コンクリート工事、基礎工事の3分野を対象として事例を順次掲載していきますので参考にしてください。

基礎工事2)その他の場所打杭

場所打ち杭の杭頭部コンクリートの充填不足

2013/01/21

工事内容 橋台下部に6本の場所打ち杭を施工
杭長:7m 杭径:2m

工事の経緯とトラブル発生の様子

8月に上記6本の場所打ち杭を施工、10月に杭頭処理のため掘削を開始したところ、うち1本の杭頭部・鉄筋外周部にコンクリートが部分的に充填されていないことが判明した。
コンクリートの未充填部分を確認するため、さらに掘削を行った結果、杭天端から深さ方向2.5mの範囲でコンクリートの充填が部分的に不足していることを確認した。

側面図

断面図

原因と現地で取った対処方法

原因としては、夏期のスランプ低下が想定以上であったことが考えられる。

対処方法としては、まず、ライナープレートを設置しながら未充填部分のコンクリートと帯鉄筋の除去を行った。除去する範囲は、杭体コンクリートが深度方向に健全であると確認できる位置までとした。杭体コンクリートの健全度は、コンクリートの充填状況および圧縮強度試験(健全部分での採取コアによる)等によって確認した。

最後に、除却した部分の帯鉄筋をセットし直し、円形型枠(径2m)設置後、杭体部分にコンクリートを打設し直した。土の埋戻しは流動化処理土を使用した。

今後の対応方針等

コンクリートのスランプ管理を徹底する必要があり、特に夏期は規定値のプラス側で管理することとした。また、今回のような大口径の杭の打設に際しては、速やかにコンクリートを打設できるようにトレミー管を2本使用するなど、事前の適切な打設計画立案が重要である。

[監修・文 ConCom事務局]

新着記事

コラム

2024/03/01
杭の支持層確認のための地盤調査のながれ

現場探訪

2024/03/01

「史跡」及び「名勝」嵐山における可動式止水壁による左岸溢水対策 全建賞・グッドデザイン賞・土木学会デザイン賞を受賞

今回の現場探訪(話題の現場)は、令和5年度において、令和4年度全建賞((一社)全日本建設技術協会))、グッドデザイン賞2023...

今月の一冊

2024/03/01

『ドボク模型 大人にも子どもにも伝わる最強のプレゼンモデル』

地滑りはなぜ起きるのか。落石をどう防いでいるのか――。安全で快適な暮らしを支える土木は、の実態がほとんど知られておらず、よく分からないから人気もない。...

働き方改革

2024/03/01

【建設業の働き方改革~第十一回】働き方改革の最終ステップ

罰則付き時間外労働の上限規制が適用されるまで、あとわずかとなりました。今回は最終回となりますが、準備はいかが...

トピックス

2024/03/01

第11回BIM/CIM推進委員会を開催 ~3次元モデルの標準化を目指す取り組み~

国土交通省では、BIM/CIM の施策を進めていくことを目的に、関係団体が一体となり BIM/CIM の推進および普及に関する目標や方針について検討を行うBIM/CIM推進委員会...