ConCom 掲示板

こんなときはどうしよう? 今さら聞けないこんなこと これって正しいの?

建設現場で直面する課題、日ごろの作業の疑問、資格試験の相談など。みなさんで盛り上げてください。

掲示板を見る

建設産業図書館の優待利用方法 ConCom会員限定での優待利用です

お役立ちリンク集 日々の作業で使える情報へ一発リンク

ご意見・お問い合わせ ConComへの要望・ご質問はコチラから

現場の失敗と対策 このコンテンツは現場で働く皆さんの参考としていただきたくよう、実際の施工にあたっての失敗事例と対策を記載したものです。土工事、コンクリート工事、基礎工事の3分野を対象として事例を順次掲載していきますので参考にしてください。

コンクリート工事打設中(締固め)

雪は融けない

2014/12/25

工事の概要とトラブルの内容

1月の良く晴れた朝、気温は3℃のなか、RCラーメン橋台のコンクリートを打込んだ。打込み箇所は図1の色塗りで示す4本の柱の上部と中床版である。

夜間に雪が降り、周囲の畑には1~2cm程度、うっすらと積もっていた。日の出とともに日向の雪は融け、合板で組み立てたスラブ型枠上には雪は無かった。メタルフォームで組み立てた柱のコンクリート打継ぎ部に、うっすらと雪が積もっているのが見えたが、現場監督は、「コンクリートは硬化に伴い発熱する。これくらいの雪ならコンクリートの温度で融ける。」と判断し、何もせずにコンクリートを打込んだ。

1週間後、柱の型枠をはずすと、柱の打継ぎ部がすかすかの巣になっていた。(図2)

  • 図1 鉄道のRCラーメン橋台

    図1 鉄道のRCラーメン橋台

  • 図2 柱の打継ぎ箇所の状況

    図2 柱の打継ぎ箇所の状況

原因と対処方法

原因は「雪は生コンに融ける。」と判断した甘さである。20℃近い水和熱が期待できるのは半日くらい経過してからであり、充填直後のコンクリートでは温度上昇は期待できない。まして、バイブレータを用いることで、コンクリートと雪を混練できると考えるのはまったく違っている。参考までにコンクリートの材令と断熱温度上昇量の関係を図3に示す。

  • 図3 コンクリートの断熱温度上昇曲線 (建築工事標準仕様書・同解説 JASS5より作成)

    図3 コンクリートの断熱温度上昇曲線
    (建築工事標準仕様書・同解説 JASS5より作成)

  • 図4 補修状況

    図4 補修状況

対処方法は、ウォータージェットにより弱いコンクリートをはつり出し、その跡をポリマー系のセメントモルタルで充填し、表面は10cmの幅にセメントモルタルで左官仕上げを行った(図4)。

同様の失敗をしないための事前検討・準備、施工時の留意事項等

反省会を開き、冬季のコンクリート打込みに対し、以下の作業手順を取り決めた。①天気予報にかかわらず、コンクリート打込みの前日は、柱の頂部をブルーシートで覆う。②水洗した残り水が凍結しないように前日から柱の打継ぎ部はアイランプで暖めておく。

当然のことながら、打込み前には打継ぎ目を点検し、雪が残っていたり洗浄水が凍っていたら、バ-ナー等で強制的に融かしてから打込むことにした。鉄筋を組み立てた中に人が入れない場合、気温が上昇し、雪などが融けるまでコンクリートの打込み開始を遅らせることにしたことはいうまでもない。

「現場の失敗と対策」編集委員会

編集委員会では、現場で起こりうる失敗をわかりやすく体系的に理解できるよう事例の形で解説しています。みなさんの経験やご意見をお聞かせください。

編集委員会の詳細を見る

この記事に関するご感想・ご質問をお寄せください。

  • 掲示板への投稿はコチラ ConCom掲示板
  • フォームでの投稿はコチラ ご感想・ご質問フォーム

新着記事

トピックス

2022/05/09

『生産性向上、働き方改革に向けた地域建設業の取り組み』に関する調査研究~生産性向上編~

コンコムを運営している一般財団法人 建設業技術者センターでは、良質な社会資本整備の前提条件である建設技術者の確保・育成に寄与することを目的に、建設技術者及び建設工事の施工管理に関する...

現場の失敗と対策

2022/05/09
基礎工事 2)その他の場所打杭 拡径アースドリル杭の夏季施工における杭頭断面欠損

今月の一冊

2022/05/09

『いいね!建設産業 本当の魅力』

建設産業の魅力を感じ、建設産業を志してもらいたいという思いからつくられた本書。第1章から第4章までの「技術・プロジェクト編」では、道路・橋・ダムといった今の暮らしを...

今月の一冊

2022/05/09

『土木技術者になるには』

ぺりかん社の「なるにはシリーズ」の157巻。著者の三上美絵氏は、大成建設株式会社の広報部出身のフリーライターで、土木学会の広報戦略会議の委員を務めるなど、土木の魅力を...