トピックス 建設業界で話題の出来事をConCom独自の視点でご紹介

2021/07/29

『1級技士補』誕生~「1級建築施工管理」「1級電気工事施工管理」技術検定の第一次検定合格発表~

7月16日、(一財)建設業振興基金が「1級建築施工管理」「1級電気工事施工管理」技術検定の第一次検定合格発表を行いました。

第一次検定合格発表 受検者数 合格者数 合格率
1級建築施工管理 22,277人 8,025人 36.0%
1級電気工事施工管理 15,001人 7,993人 53.3%

建設業法改正により2021年度からスタートした新しい技術検定は、従来の学科試験・実地試験の両試験を合格して技士の称号を付与する形から、施工技術の基礎知識・能力を問う第一次検定と、実務経験に基づく技術管理・指導監督の知識・能力を問う第二次検定により、第一次検定の合格者に『技士補』、第二次検定の合格者に『技士』の称号を付与する形に改められました。

施工管理技術検定の称号付与に関する変更点 施工管理技術検定の称号付与に関する変更点

今回誕生した『1級技士補』は、現場の専任が必要であった監理技術者が2つの現場を兼任することが可能となる『特例監理技術者制度』において、それぞれの現場に専任で配置することが必要な『監理技術者補佐』になることのできる要件の一つとなります。

今後も、既に実施済の「1級建設機械施工管理」技術検定の第一次検定合格発表が8月9日、「1級土木施工管理」技術検定の第一次検定合格発表が8月19日と『1級技士補』が続々と誕生していきます(「1級管工事施工管理」「1級電気通信工事施工管理」「1級造園施工管理」技術検定の第一次検定は9月12日に実施予定)。
2つの現場を兼務する『特例監理技術者』が増えてくることが見込まれますので、その運用状況等も注視していきたいと思います。

 

新着記事

土木遺産を訪ねて

2022/12/01

File 25 名古屋港跳上橋

今回の歩いて学ぶ土木遺産は、名古屋市営地下鉄名港線の終点である名古屋港駅から、土木遺産「名古屋港跳上橋」(以下、「跳上橋」という。)へ向かう行程です。跳上橋は名古屋港駅から...

現場の失敗と対策

2022/12/01
土工事 3)地盤改良 護岸改良工事での高圧噴射地盤改良のトラブル

今月の一冊

2022/12/01

『インフラメンテナンス 日本列島365日、道路はこうして守られている』

インフラメンテナンスの現場を独自の視点で切り取る撮影活動で注目の写真家、山崎エリナ氏の写真集。2019年(令和元年)には、実際のメンテナンス現場を撮影した活動で...

  

コラム

2022/12/01
コンクリートのブリーディングによる品質低下を回避するために