現場の失敗と対策 このコンテンツは現場で働く皆さんの参考としていただきたく、実際の施工でよくある失敗事例と対策を記載したものです。土工事、コンクリート工事、基礎工事の3分野を対象として事例を順次掲載していきますので参考としてください。

現場の失敗と対策

土工事、コンクリート工事、基礎工事の事例

土工事

4)土留・その他

2021/08/30

仮設土留めの「大型土のう」が豪雨で崩れた!

工事の概要とトラブルの内容

地部の道路改良工事において仮設の作業ヤードを確保するために、大型土のうを用いた仮設土留めを設置して道路の一部を拡幅していた(図1、図2)。大型土のうの設置および背面盛土が終了した直後に、非常に激しい雨が降り、土のうの一部が崩れ落ちるトラブルが発生した(図3)。

なお、降雨時には仮設ヤード表層の簡易舗装は未施工の状態であった。本工事の写真ではないが、参考までに大型土のうによる仮設土留めの施工例1)を図4に示す。

図1 大型土のうによる仮設土留めの主要断面図図1 大型土のうによる仮設土留めの主要断面図

図2 現場周辺の平面図図2 現場周辺の平面図

図3 大型土のうが崩れて落下図3 大型土のうが崩れて落下

図4 仮設道路の土留めとしての使用例1)図4 仮設道路の土留めとしての使用例1)

原因と対処方法

大型土のうが崩れたのは、仮設ヤードの表層が舗装されていない状態で、仮設土留めの背面盛土の中に多量の雨水が浸透し、仮設土留めに作用する水圧が増大したためと考えられた(図5)。大型土のうの中詰め材には、道路改良工事で発生した土を使用したが、粘性土が比較的多く含まれていために排水性が良くなかったようである。

対策としては図6に示すように、水抜きの排水管を設置してから大型土のうを積み直すとともに、仮設土留めの施工中は天候に留意して雨天時には仮設ヤード表面をブルーシートで覆って雨水等が地中に浸入しないようにした。そして、仮設土留めの設置完了後には、仮設ヤード表層に厚さ3cm程度の簡易なアスファルト舗装を施工した。

図5 大型土のうが崩れた原因推定のイメージ図5 大型土のうが崩れた原因推定のイメージ

図6 大型土のう仮設土留めの排水対策等図6 大型土のう仮設土留めの排水対策等

同様の失敗をしないための事前検討・準備、施工時の留意事項等

最近は豪雨による地盤災害も頻発しており、供用期間の短い仮設土留めであっても、排水管等による水抜き対策を行うべきである。特に集水地形を呈する谷型の斜面では注意が必要である。なお、大型土のうの中詰め材としては現地発生土を用いることが多いが、中詰め材に使用する土の物性等は事前に確認すべきである。

「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル2)には、安定照査の他に排水設備の設置例等も記載されているので参考にするとよい。

また、道路盛土の災害復旧工事の新技術として、図7に示すような大型土のうを用いた盛土の適用性が検討されているが、排水基盤層や土のうの中詰め材に砕石を用いることで排水機能が効果的に作用して、降雨時にも復旧盛土内には水位が観測されなかったことが実証されている3)。今回の事例でも、土のうの中詰め材に砕石などの排水性の良い材料を使用していれば、排水機能が確保されて今回のようなトラブルは発生しなかったと考えられる。

図7 大型土のうを用いた復旧盛土の実大実験断面3)図7 大型土のうを用いた復旧盛土の実大実験断面3)

【文責:「現場の失敗と対策」編集委員会】

参考文献

1) 耐候性大型土のう協会:適用範囲、http://donou.org/strong.html(2021年8月1日閲覧)

2) (一財)土木研究センター:「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル,2017.10

3) 森芳徳ほか:大規模土砂災害に対応した新しい災害復旧技術に関する研究,土木学会論文集,Vol.72,Ⅰ‐77~87,2016

「現場の失敗と対策」編集委員会

編集委員会では、現場で起こりうる失敗をわかりやすく体系的に理解できるよう事例の形で解説しています。みなさんの経験やご意見をお聞かせください。

新着記事

トピックス

2023/01/04

経営事項審査改正で新たに「CCUSの活用」「WLBの取組」を評価

令和5年1月1日から「担い手の育成・確保」「ワーク・ライフ・バランスの取組」「災害対応力」「環境問題への取組」の審査内容を改正した経営事項審査が施行されます。...

現場の失敗と対策

2023/01/04
コンクリート工事 2)打設中(締固め) ホッパによる擁壁背面のコンクリートの打込み

今月の一冊

2023/01/04

『建設協調安全 実践!死亡事故ゼロ実現の新手法』

建設業労働災害防止協会の統計によると、令和2年度の建設業における死亡者数は258名。これは全産業の労働災害による死亡者802名の32%を占めている。建設業では、...

  

現場探訪

2023/01/04

施工箇所が3箇所に点在する現場を適切に管理。海洋土木のICT技術の活用をはじめ、さまざまな創意工夫で4週8休も確保。

今回の現場探訪(表彰工事)は、令和4年度(令和3年度完成)国土交通省 北陸地方整備局の局長表彰を受けた「R3小松人工リーフ据付他工事」です。この工事を施工された加賀建設 株式会社...

コラム

2023/01/04
進化する「高圧噴射撹拌工法」による地盤改良技術