トピックス 建設業界で話題の出来事をConCom独自の視点でご紹介

2023/12/01

令和6年の技術検定から受検資格が見直し

令和5年11月9日に、国土交通省が「令和6年度技術検定のスケジュール」等を公表しました。コンコムでも今年5月に既にお伝えした、各種技術検定の見直し後の受検資格が初めて適用されます。

見直された受験資格の概要は

○1級の第一次検定は19歳以上(受検年度末時点)であれば受検可能

○2級の第一次検定は17歳以上(受検年度末時点)であれば受検可能(従前から変更なし)

○1級及び2級の第二次検定は、第一次検定合格後の一定期間の実務経験等で受検可能
(※令和10年度までの間は、制度改正前の受検資格要件による第二次検定受検が可能)

であり、特に、1級の第一次検定については、
「年齢が受検年度末に19歳に達していれば誰でも受検できる」
こととなっていますので、1級の第一検定合格者に与えられる『技士補』の資格を早期に取得することが可能となります。
なお、令和6年度以降の技術検定の試験問題に関し、

○第一次検定:各専門分野の基礎を確認できるよう、必要に応じ試験問題の充実を図る

○第二次検定:受検者の経験に基づく解答を求める設問に関し、見直しを行う。

の2点の見直しが行われますが、技術者の皆さん、受検資格の見直しを好機とし、技術検定の早期取得を目指してください。

なお、第二次検定を受検するために必要となる実務経験についても、

○必要となる年数が見直されている、

○該当する工事の範囲を、原則、検定種目(資格)に対応した建設業の種類(業種)に該当する工事とする

等の見直しも行われています。

詳細は国土交通省のホームページでご確認ください。

 

新着記事

コラム

2024/03/01
杭の支持層確認のための地盤調査のながれ

現場探訪

2024/03/01

「史跡」及び「名勝」嵐山における可動式止水壁による左岸溢水対策 全建賞・グッドデザイン賞・土木学会デザイン賞を受賞

今回の現場探訪(話題の現場)は、令和5年度において、令和4年度全建賞((一社)全日本建設技術協会))、グッドデザイン賞2023...

今月の一冊

2024/03/01

『ドボク模型 大人にも子どもにも伝わる最強のプレゼンモデル』

地滑りはなぜ起きるのか。落石をどう防いでいるのか――。安全で快適な暮らしを支える土木は、の実態がほとんど知られておらず、よく分からないから人気もない。...

働き方改革

2024/03/01

【建設業の働き方改革~第十一回】働き方改革の最終ステップ

罰則付き時間外労働の上限規制が適用されるまで、あとわずかとなりました。今回は最終回となりますが、準備はいかが...

トピックス

2024/03/01

第11回BIM/CIM推進委員会を開催 ~3次元モデルの標準化を目指す取り組み~

国土交通省では、BIM/CIM の施策を進めていくことを目的に、関係団体が一体となり BIM/CIM の推進および普及に関する目標や方針について検討を行うBIM/CIM推進委員会...