トピックス 建設業界で話題の出来事をConCom独自の視点でご紹介

2021/05/27

平準化のための「さしすせそ」~施工時期平準化の取り組み~

国土交通省と総務省は、5月21日に地方自治体における「施工時期の平準化」の進捗・取り組み状況についてのとりまとめを公表しました。

新・担い手3法によって、発注者による施工時期の平準化の取り組みが努力義務とされたことをうけ、施工時期の平準化を促進させるために令和元年度より、毎年度実施している「入札契約適正化法に基づく実施状況調査」結果データを基に「見える化」しています。

平準化の取り組みは、

さ)債務負担行為の活用
し)柔軟な工期の設定
す)速やかな繰越手続き
せ)積算の前倒し
そ)早期執行のための目標設定

の「さしすせそ」と呼ばれる項目ごとに数値が、都道府県・政令市(67団体)、人口10万人以上の市区(262団体)、人口10万人未満の市区町村(1459団体)の区分で、平準化率やその取り組みの数値が示されています。

都道府県の平準化率の状況(国土交通省HP) 都道府県の平準化率の状況(国土交通省HP)

令和2年度に特に推進していた人口10万人以上の市区については、
債務負担行為の活用(令和元年度:146団体(55.7%)→令和2年度:213団体(81.3%))
柔軟な工期の設定(令和元年度:36団体(13.7%)→令和2年度:75団体(28.6%))
速やかな繰越手続き(令和元年度:111団体(42.4%)→令和2年度:193団体(73.7%))
積算の前倒し(令和元年度:121団体(46.2%)→令和2年度:209団体(79.8%))
早期執行のための目標設定(令和元年度:53団体(20.2%)→令和2年度:114団体(43.5%))
「さすせ」では7割・8割以上と進捗が見られますが、
「しそ」では更なる普及が必要となります。

また、人口10万人未満の市区町村では、数値の伸びは見られるものの、割合としてはまだまだこれからであるため、令和3年度からは個別のヒアリングを実施するとのことです。

令和3年度からは、工事規模別の平準化率や、平準化率の見込みの試算管理・平準化を踏まえた発注計画の策定・取り組み事例の他団体との共有などの「さしすせそ」以外の取り組みも「見える化」しています。

 

新着記事

今月の一冊

2022/06/01

『建設版 働き方改革 実践マニュアル』

建設業に特化した「働き方改革」の実践マニュアル本。他産業と比べ、労働環境の整備が遅れているといわれる建設業界。当著は、少子高齢化といった現状を分析しつつ...

  

現場探訪

2022/06/01

ICTのメリットをフル活用。3次元データを仮設計画や住民説明資料に利用し、作業の効率化と見える化を実現。

今回の現場探訪は、令和3年度国土交通省関東地方整備局の局長表彰を受けた「R1笛吹川右岸高田上護岸工事」。この工事を施工された湯澤工業株式会社(本社 山梨県南アルプス市)にて、...

コラム

2022/06/01
既存杭の撤去工事における注意点